facebook twitter
急落した日経平均を「上から目線」で眺めてみる
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

急落した日経平均を「上から目線」で眺めてみる

2018/2/7
2月6日(火)の国内株市場が急落したことを受けて、臨時のレポートをお送りします。「目先の下げ止まりの目安はどこか?」ほか
facebook twitter メールで送る 印刷

 本連載は毎週末の取引終了時点をベースに週初に掲載していますが、2月6日(火)の国内株市場が急落したことを受けて、臨時のレポートをお送りします。

 6日の日経平均終値は2万1,610円で、前日比で1,071円安となりました。前日(5日)の下げ幅(592円)と合わせると、わずか2日間で1,600円超下落したことになり、そのインパクトは大きなものがあります。

 人気漫画『キングダム』に出てくる有名な台詞に、「これが将軍の見る景色です」というのがあります。一軍を率いる将軍は常に戦況を把握し、その状況に応じて戦い方を変えていく判断力が不可欠という心構えを主人公に伝える場面で出てくる言葉なのですが、ゆっくり目を開いて、敵味方の動きや顔、天と地の様子など、全体を捉える「上から目線」が肝要になります。

 現時点で今後のシナリオを描くのは難しい状況ですが、少しでも臨機応変に対応できるように、できるだけ足元の状況を整理してみたいと思います。

 

目先の下げ止まりの目安はどこか?

 テクニカル分析的には、「下げ止まりが近いのでは?」と思わせる材料がいくつかあります。下の図1は日経平均の日足チャートです。

(図1)日経平均(日足)の動き (2018年2月6日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 6日のローソク足に注目すると、下ヒゲのあるものになっています。実体(箱の部分)の長さに比べると見劣りはしますが、これでも532円分の長さがあります。取引終了にかけて下げ幅を縮小させる動きを見せて買い戻しの雰囲気があったことは明るい材料です。また、200日移動平均線がサポートとして意識されるような動きを見せています。

  米国株市場の動き次第の面もありますが、「下げ過ぎ感」による目先の下げ止まりや反発は期待できる状況です。

 

急落で相場の潮目は変わったのか?

 足元の株価急落で相場のムードが悪化したのは間違いありません。ただし、このまま下落が続くのかはまだ判断しづらい状況です。

(図2)日経平均(週足)の動き (2018年2月6日取引終了時点)

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 上の図2は週足の日経平均のチャートです。図に描かれているトレンドラインは、以前にも紹介した「トリプルボトム崩れ」の安値どうしを結んだものですが、日経平均はこのラインを挟んで、強気と弱気の展開を繰り返してきたことがわかります。今週に入ってからの急落で、このラインを下抜けて弱気入りしたことになりますが、26週移動平均線が下値メドとして機能しているほか、下値も切り上がっていることもあり、相場が崩れている印象はありません。

 

下げ幅のインパクトをどう見るか?

 今回の下落が大きくなった背景は、「適温相場が続く」というこれまでの相場見通しの前提が揺らいでしまったことによって、我先にと手仕舞いが集中したことをはじめ、これまでの株高に対する利益確定売りのタイミング、週末に控えている国内株価指数デリバティブ取引(mini先物・オプション)SQへの思惑、下げが下げを呼ぶ投げ売りなどが重なったことによるものと思われます。

 また、売りのきっかけとして米国金利の上昇が挙げられますが、では、金利上昇によって実体経済に何か具体的な影響が出はじめたかというと、まだその状況ではなく、観測が先行している面が強いと言えます。

 そのため、需給的な売買が一巡すれば、思ったよりも早く相場が下げ止まり、反発する展開も有り得ます。少なくとも、下げ幅のインパクトそのもので弱気判断する必要はないと思われます。

 

今後の基本戦略は?

 株価反発の動きへの期待は十分にあり、目先のポイントは「どこまで戻すか?」になりそうです。ただ、これまでの「適温相場」の見通しが復活するシナリオは描きにくく、強気に傾くには新たな買い材料が必要と思われます。

 直近の下落で下抜けてしまった75日移動平均線や25日移動平均線の水準が目安になりますが、株価水準的には、昨年後半に2万2,000円〜2万3,000円台でもみ合った期間が比較的長いこともあり、2万3,000円が上値のハードルとして意識されそうです。

 反対に、200日移動平均線や52週移動平均線を下抜けてしまうと、下値を探るシナリオが浮上してくるため注意が必要ですが、状況が変わり次第、当連載でチェックしていきます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください急落した日経平均を「上から目線」で眺めてみる

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

急落した日経平均を「上から目線」で眺めてみる

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。