お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日米、日欧金利差拡大の思惑で円安に
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

日米、日欧金利差拡大の思惑で円安に

2017/12/20
・ドル/円:一時113円台
・ユーロ/ドル:堅調
・ユーロ/円:134円に接近。日欧金利差を意識
・NZドル/ドル:0.70ドル台の売りに押される
・カナダ/円:週後半の指標に注目
facebook twitter 印刷する

前日(12月19日)の市場概況

ドル/円:一時113円台

 この日のドル/円は、欧州時間まで112.60円前後で狭いレンジ取引を続けた後、NY時間になって、米長期金利の上昇を背景に113.07円まで上昇しました。先週13日以来の113円台に乗せましたが、滞空時間は短く再び112円台へ。終値は112.884円(前日比+0.346円)でした。

 米国の減税法案は下院を通過し、上院でも可決が確実視されています。今夜にも成立する公算が大きいのですが、マーケットはすでに織り込み済みで、ドル/円の反応は限定的でした。(チャート1)

 日銀は今日から金融政策決定会合を開き、終了後の明日、政策金利を発表します。日銀は現状維持の方針で、政策金利を-0.1%に据え置き、YCC(長短金利操作、イールドカーブコントロール)政策を継続するとみられます。

 また明日、7-9月期の米国GDP(国内総生産)の確定値が発表されます。改定値から変わらず前期比年率3.3%の予想。前回は改定値が予想比上振れしたことが円安に動くきっかけとなったので、注意が必要です。

 

 

ユーロ/ドル:堅調

 ユーロ/ドルは、今週月曜日につけた1.1737ドルで底値を固めて、この日は1.1848ドルまで上昇。ECB(欧州中央銀行)会合後の下落分をほぼ取り戻しました。ECB理事が緩和縮小の早期完了と利上げを求める意見が出ていることが理由。

 また明日はスペインのカタルーニャ州議会選挙が行われますが、議席を巡って独立支持派と反対派が拮抗しています。(チャート2)

 

 

ユーロ/円:134円に接近。日欧金利差を意識

 ドル/円とユーロ/ドルに持ち上げられたユーロ/円は、ECB会合後の高値(113.75円)を更新する113.91円まで上昇。(チャート3)

 

 

NZドル/ドル:0.70ドル台の売りに押される

 NZドルは、RBNZ(ニュージーランド準備銀行)の新総裁が決まったことや、NZ財務省の為替水準コメントに支えられていましたが、0.70ドル台は重い状況。今朝発表された11月の貿易収支の赤字幅が拡大したこともあって、1週間ぶりの安値をつけています。(チャート4)

 明朝発表のNZの7-9月期GDPは前期比0.6%の予想で、前回(0.8%)に比べやや伸びが鈍化。RBNZの予想(0.7%)も下回り、NZドルにとってはマイナス材料になりそうです。

 

 

カナダ/円:週後半の指標に注目

 木曜日に発表予定のカナダ11月CPI(消費者物価指数)は、前年同月比が2.0%に大きく上昇の予想(前回1.4%)。10月小売売上高も、前月比0.4%(前回0.3%)と伸びが期待されます。カナダ銀行は、将来の再利上げを示唆する強気のコメントを出しています。しかし、マーケットはどちらかというと、利上げを織り込みすぎている状態で、たとえ指標結果がよくても上昇は限定的になる可能性もあります。

 金曜日には、カナダの10月GDPが発表されますが、予想は前月比0.1%と伸びが鈍化。カナダ中央銀行の財政刺激策の効果が薄れたせいとの指摘もあります。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日米、日欧金利差拡大の思惑で円安に

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日米、日欧金利差拡大の思惑で円安に

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。