お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
長引くと怖い相場の「夏風邪」
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

長引くと怖い相場の「夏風邪」

2017/7/10
7月相場入りとなった先週の国内株市場ですが、週末7月7日(金)の日経平均終値は19,929円となり、節目の2万円台を下回りました。週足ベースでも2週連続の下落です。
facebook twitter 印刷する

7月相場入りとなった先週の国内株市場ですが、週末7月7日(金)の日経平均終値は19,929円となり、節目の2万円台を下回りました。週足ベースでも2週連続の下落です。

(図1)日経平均(日足)の動き(2017年7月7日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

早速、足元の状況を上の図1で確認してみます。

前回、サポートとして機能してきた25日移動平均線に注目し、日経平均が再び25日移動平均線から上放れする上昇を見せて、「25日移動平均線から上放れて調整」というリズムを繰り返すことができるかがポイントと述べましたが、先週の値動きを辿ると、取引時間中に2万円台を下回るも終値で取り戻す展開が週の半ばまで継続したものの、週末にかけては維持できず、結局、7日(金)に25日移動平均線を下回る展開となりました。これまでの相場のリズムが崩れつつあり、いわば夏風邪を引いたような印象になっています。

そのため、今週は日経平均が再び25日移動平均線の水準を回復できるか、2万円台を維持できるかが焦点になりますが、米雇用統計後の米株市場の上昇や、欧米の金融政策の引き締め方向と日銀の指値オペによる金利差拡大観測の円安進行、本格化しつつある国内企業決算シーズンを前にした業績期待などもあり、相場環境面では夏風邪からの回復はさほど難しくないと思われます。実際に、週明け7月10日(月)の取引は2万円台を回復してスタートしています。

ただし、チャートの形では下方向への意識の方が強いと言わざるを得ません。まずは、ローソク足に注目してみますと、6月29日~6月30日にかけて空けた「窓」を7月4日のローソク足が埋めた格好になっていますが、大きめの陰線になっています。買い上がっての窓埋めではなく、一段高で始まり、売りに押された結果によっての窓埋めですので、形としては弱くなっています。また、移動平均線も5日移動平均線が25日移動平均線を下抜ける「デッド・クロス」が出現しています。

さらに、足元では上値と下値がともに切り下がっているため、短期的な下落トレンドを感じさせる格好になっています。そのため、上値トライのハードルは高いと言え、今週は戻りの強さも試される週でもあります。直近の高値をどこまで回復できるかが、相場の強さの目安になります。ちなみに、週末はオプション・mini先物のSQが控えているため、オプション取引で売買の多い、権利行使価格250円刻みである、19,750円、20,000円、20,250円20,500円の水準が値動きの目処になりやくなりそうです。

とはいえ、長引いてしまうと怖いのが夏風邪の特徴でもあります。下の図2は、日経平均の平均足(上段)とMACD(下段)の推移です。

(図2)日経平均(日足)の平均足とMACD(2017年7月7日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

足元の平均足は陰線が続いているほか、MACDもシグナルとのクロスが出現して以降、下方向への傾きが出始めています。MACD全体の動きを見ましても緩やかに下向きになっています。

MACDは、「短期と中期の(平滑)移動平均線の価格差」の推移を表す線です。一般的に相場にトレンドが発生する際、短期の線が先に反応し、中期の線が遅れて動き出します。上の図2でも、4月半ばからの日経平均の上昇局面においてMACDも大きく上昇していますが、強いトレンドが発生したときは、短期線と中期線との価格差が拡大していくことが判ります。

ただ、足元のMACDは徐々に下方向になっています。つまり、短期線と中期線の価格差が縮小し、トレンドの勢いが衰えていることを意味します。そして、価格差が無くなる0円は、短期線と中期線のクロスとなり、このままマイナスに沈めば「デッド・クロス」になります。先週末(7日)時点でのMACDは100円を下回っていますので、0円が意識されつつあり、相場基調の軟化シナリオも浮上しつつある点には注意が必要です。

最後に、日経平均の平均足とMACDを週足でも見てみます。

(図3)日経平均(週足)の平均足とMACD(2017年7月7日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

週足の平均足では、直近まで上昇基調だった日経平均が伸び悩んで勢いを失いつつあるような印象になっていますが、まだ上昇トレンドは継続している状況です。今後、週足でも陰線が増え、MACDとシグナルがクロスする状況になると、下落基調がしばらく続く可能性が高まります。

今週は、相場の夏風邪に対して早めの対処が求められていると言えそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください長引くと怖い相場の「夏風邪」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

長引くと怖い相場の「夏風邪」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。