お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
株洲中車時代電気(チュージョウ・シーアールアールシー・タイムズ・エレクトリック)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

株洲中車時代電気(チュージョウ・シーアールアールシー・タイムズ・エレクトリック)

2017/12/6
株洲中車時代電気は電気自動車(EV)用のモーターコントロールシステム(MCS)製造事業に参入するとの戦略方針を決定した。EV用のMCSが、高速列車や機関車の牽引システムと似通っていることが理由。
facebook twitter

新規参入のEV用MCS事業が中期成長エンジンに、コスト・技術競争力に高評価

現地コード 銘柄名
03898 株洲中車時代電気
(チュージョウ・シーアールアールシー・タイムズ・エレクトリック)
株価 情報種類
 44.85HKD
(11/30現在)
 株価
 企業情報
 チャート

 株洲中車時代電気は電気自動車(EV)用のモーターコントロールシステム(MCS)製造事業に参入するとの戦略方針を決定した。EV用のMCSが、高速列車や機関車の牽引システムと似通っていることが理由。エネルギー消費量こそ大きく異なるものの(高速列車向けは4800-9600KWh、EVセダン車向けは80-160KWh)、いずれもMCS制御のモーターを通じた電動式であり、技術的な類似点が多いという。同社がすでに獲得したEV用MCSの受注は50万台。BOCIは新規事業が同社の利益成長を牽引し、向こう3-5年の再評価を後押しするとみて、株価の先行きに強気見通しを継続している。

 鉄道設備メーカーがEV用コンポーネント市場に参入するのは、これが初めてのケース。同社は高速列車および機関車用制御システムの国内最大手であり、BOCIによれば、技術レベルの点から、EV用MCSサプライヤーとしても十分通用する見通しという。同社が新たに生産を手掛けるのはモーターそのものではなく、モーター制御部分、電力コンポーネント、統合電力部品、自動車電気部品――の4品目。ターゲットとするのはEV乗用車で、すでに50万台分のMCS受注を確保した。1台当たり5000-1万元と想定した場合、受注総額は25億-50億元規模となる。また、これに伴い、自動車生産施設の近くに、新たなMCS工場を立ち上げる計画。中国では大気汚染対策を進める政府当局の強力な支援もあり、EV関連ビジネスの成長潜在力が極めて高い。

 MCSの主要コンポーネントは電力制御用のパワー半導体デバイス、絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ(IGBT)だが、同社はすでにIGBTの国内最大手であり、コスト、技術の両面から非常に競争力が強い。電圧はEV用が650V、機関車用が3300V、高速列車用が6500Vと大きく異なるが、IGBT技術をEVに転用するために必要となるのは技術要件を引き下げること。輸入物ではなく、自前のIGBTを使用できるのが同社の強みであり、生産コストは輸入価格を30%ほど下回るという。世界的に見ると、IGBTの有力サプライヤーは独インフィニオン、三菱電機、東芝などだが、株洲中車時代電気も英IGBTメーカーの買収により、特に高圧IGBT部門で国産有力ブランドとなっている。

 同社の現在株価は2018年予想PERで13.9倍。BOCIは18年の鉄道設備事業の需要回復を見込み、依然として魅力的な水準にあるとしている。18年には国内の鉄道完工距離が前年比161.9%増の5500kmに達し、同社の受注増を支える見通しという。また、EV用MCS事業については向こう3年で事業規模が拡大すると予想し、中国EV市場そのものの成長が中期的な支援材料になるとの見方。3年タームで見た場合、同社株は有力な投資選択肢になり得るとした。現時点では目標株価を据え置き、株価の先行きに対して強気見通しを継続している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

人気記事ランキングTOP
日経平均 上か下か 年末相場どっち?
初心者のためのお金の話
失敗しないための 株主優待の買い方・売り方
トウシル TOP

 


 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株洲中車時代電気(チュージョウ・シーアールアールシー・タイムズ・エレクトリック)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株洲中車時代電気(チュージョウ・シーアールアールシー・タイムズ・エレクトリック)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
×

トウシル メールマガジン および SNSについて

メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールマガジン サンプル

メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。