お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国鉄建股フン有限公司(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

中国鉄建股フン有限公司(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)

2017/11/29
中国政府当局が地方政府のインフラ建設プロジェクトに関し、認可をペースダウンさせるなどの慎重姿勢に転じている。
facebook twitter 印刷する

政府当局がインフラ投資政策を見直しか、引き締めの兆しで新規受注も低調

現地コード 銘柄名
01186 中国鉄建股フン有限公司
(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)
株価 情報種類
 8.95HKD
(11/22現在)
 株価
 企業情報
 チャート

  中国政府当局が地方政府のインフラ建設プロジェクトに関し、認可をペースダウンさせるなどの慎重姿勢に転じている。BOCIによると、国務院国有資産監督管理委員会(SASAC)と国家発展改革委員会(NDRC)はいずれも、SASAC傘下の国有企業と地方政府が組んだPPP(官民連携)プロジェクトに絡む金融リスクの高まりを懸念しているという。最近では内モンゴル自治区包頭市の地下鉄建設プロジェクトが一時停止となったが、この一件もインフラ投資「引き締め」のサインである可能性が出てきた。マクロ経済の堅調を受け、投資引き締めを実施するだけの政策的な余力が生まれたもようだ。中国鉄建の新規受注状況を見ると、2017年上期に前年同期比46.9%の伸びを示した後、7-9月期には同2.8%減と明らかに後退。国内全体のインフラ投資は1-10月に同11.6%増と、前年同期の同15.3%増から減速した。BOCIは地方政府プロジェクトの停滞を受け、インフラ投資が向こう3-6カ月間にさらに減速するとの見方。同社の目標株価を引き下げ、株価の先行きに対する従来の強気見通しを中立的に引き下げている。

 BOCIは5月後半から、PPP関連の新規受注が減速する可能性を指摘してきたが、その理由は銀行システムの過剰債務解消の副作用として流動性引き締め傾向が高まったため。一方、現在問題となっているのはむしろ、中央政府によるインフラ投資政策の見直し。政府当局は地方政府プロジェクトへの支援を手控えつつある。

 中国経済は投資への依存度が高く、BOCIは向こう10-15年間にわたって、こうした状況が続くとみている。個人消費が急速に伸びているとはいえ、政府が望む「消費主導型経済」への移行には最大20年を要するとみられ、健全かつ安定的な経済成長を維持するためには、やはり投資の伸びが不可欠という。また、中国ではインフラ施設の浸透率が今も低く、地方政府のインフラ整備需要は極めて大きい。こうした理由から、BOCIは中国政府が遠からず、インフラ投資、不動産投資路線に再び舵を切るとの見方。現在の引き締めスタンスはあくまで一時的である可能性が高いとしている。

   中国鉄建の株価は現在、17年予想PERでわずか6.7倍の水準。BOCIは同社が膨大な受注残を抱えることから、現時点で利益見通しを下方修正する必要はないとし、17年、18年の予想(前年比で各11%、8%増益)を据え置いた。ただ、インフラ投資の引き締めは一時的措置であるとしながらも、新規受注の弱さを懸念材料として指摘。同社株価が主に、利益と新規受注動向に左右される点に言及した上で、17年予想PER7.2倍(ヒストリカル平均値に対して20%のディスカウント水準)をあてはめ、目標株価を引き下げた。この先新規受注が回復すれば、BOCIは目標算出上の20%のディスカウントを取り消す方針。一方、新規受注が仮に、予想以上に低迷すれば、レーティング引き下げ要因にもなり得るとしている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国鉄建股フン有限公司(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国鉄建股フン有限公司(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。