お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中間決算まとめ:業績予想の上方・下方修正額の大きい銘柄リスト
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

中間決算まとめ:業績予想の上方・下方修正額の大きい銘柄リスト

2017/11/16
・日本企業の業績モメンタム強い
・業績上方修正額の大きい20社
・業績下方修正額が大きい4社
facebook twitter メールで送る 印刷

日本企業の業績モメンタム強い

 3月期決算企業の9月中間決算が、ほぼ出揃いました。今期(2018年3月期)の業績予想を上方修正する企業が増えています。

東証一部上場企業 主要841社の連結純利益(前期比):2015年度(2016年3月期)~2017年度(2018年3月期)

出所:楽天証券経済研究所
注:集計対象は3月期決算の主要841社、市場予想は日経QUICKコンセンサス予想

 今期業績の上方修正が増えているのは、円安が進んだ効果と、米国・中国・欧州・東南アジアなど、世界景気好調の恩恵が及んでいることによります。平均為替レートは、以下の通りで、今期は円安が進んでいます。

ドル円の平均為替レート推移:2013年度~2017年度(11月15日まで)

出所:楽天証券経済研究所
注:4月1日から翌年3月31日までを1年度として平均為替レートを計測

 輸出企業にとって、2013~2015年度は、円安メリットが企業業績の拡大に貢献してきました。ところが、2016年度は、急激な円高(平均為替レート1ドル120.4円→108.38円)が企業業績を押し下げる要因となりました。ただし、2016年度下半期には、世界同時の好景気がはじまり、かつ、為替も円安が進んだことから、企業業績は回復してきました。

 2017年度は、円安と世界景気の回復で、企業業績の拡大が加速しています。

 

業績上方修正額の大きい20社

 円安と好調な世界景気を背景に、輸出企業の上方修正が多くなっています。

今期(2018年3月期)連結純利益(会社予想)の上方修正額が大きい20社:5月時点の予想と、現在の予想を比較

出所:楽天証券経済研究所

 円安が上方修正の理由の大部分であるトヨタ自動車(7203)は、上方修正が出ても、株価の上値は重いままです。EV(電気自動車)の開発に出遅れていることや、北米の自動車販売に不安があることが、株価の上値を抑えています。

 ソニー(6758)は、長年の構造改革効果に、ゲームや半導体の好調が加わり、今期の見通しを大幅に上方修正しました。連結営業利益は20年ぶりに最高益を更新する見通しです。新たな成長局面に入ったと評価され、株価は大きく上昇しました。

 NTTドコモ(9437)は、関係会社株式の売却益を計上することで、純利益を上方修正しましたが、格安スマホとの競争激化で、対策費が膨らみ、業績・株価とも伸び悩んでいます。ただし、配当利回りが高いこと、大規模自社株買いを続けていることなど、株主還元では評価できます。

 中国で「ロボット爆買い」と言われるほどのロボット投資が盛り上がってきたこと、世界的に設備投資復活の流れが出ていることから、日本の設備投資関連株(小松製作所(6301)ファナック(6954)三菱電機(6503)など)の業績が好調で、株価も上昇しています。

 日東電工(6988)は、高収益の有機EL材料が伸びて、利益を大きく上方修正しました。有機ELと競合する液晶材料も、好調です。今来期と好業績が見込め、株価の上値余地は大きいと判断しています。

 鹿島建設(1812)をはじめ、建設業に利益上ぶれ・最高益更新が目立ちます。ところが、建設業は、全般に、株価の上値が重いままです。建設セクター全体に、今後利益が徐々にピークアウトすると予想されていることが影響しています。

 

業績下方修正額が大きい4社

出所:楽天証券経済研究所が作成

 内外ともに景気は良好で、上方修正を発表する企業が多い中、一部、下方修正を発表する企業もあります。ほとんどは、企業ごとの独自要因によるものです。

 SUBARU(7270)は、検査の不正が発覚し、その対応費用がふくらむことから、下方修正となります。

 村田製作所(6981)は、高級スマホを作るのに不可欠な部品で世界シェアが高く、「村田なくして世界のスマホは作れない」重要企業です。ところが、世界中でスマホの高機能化が進む中で、村田製作所は、今期の業績見通しを下方修正しました。

 これは、一時的な要因が重なったためと考えられます。スマホに欠かせないSAWデバイスの回復が中国スマホの在庫調整の影響で遅れたこと、将来高収益製品に育つと期待されている「メトロサーク」(極薄で曲げることができる樹脂多層基板)の生産性改善が遅れたこと、新型iPhoneの量産開始が昨年より遅れたこと、などが影響した模様です。

 ただし、一時的要因の影響が薄れ、「メトロサーク」の生産性が改善する来期以降に、村田の利益は伸びると期待されます。下方修正で、株価は下落しましたが、押し目での投資妙味は高いと考えています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中間決算まとめ:業績予想の上方・下方修正額の大きい銘柄リスト

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中間決算まとめ:業績予想の上方・下方修正額の大きい銘柄リスト

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。