前日(11月10日)の市場概況

ドル/円:高値114円に届かず。今月初。

 週末のマーケットのドル/円は、113円台で動意に欠けるも、上値の重い取引。113円台半からスタートして、欧州時間に113.63円まで上げてから戻し、NY時間に安値113.22円をつけました。終値は113.508円(前日比+0.06円)。(チャート1)

 この日の高値は11月に入ってから初めて、114円台に届きませんでした。とはいえ、113円も今のところしっかり支えられていて、大きく円高に傾く状況でもないようです。

ユーロ/ドル、ユーロ/円:回復中

 ユーロ/ドルは、先週の米雇用統計直後に1.1690ドルを高値に大きく下げ、先週前半には1.16ドルも下抜け。しかし1.1553ドルで下げ止まると徐々に値を戻し、この日は1.1622ドルからNY時間には1.1677ドルまで上値を伸ばして、米雇用統計後に下げた分をほぼ取り戻しています。(チャート2)

 ユーロ/円もユーロ/ドルに連れて132.54円まで上昇しましたが、週初の高値(133.11円)には届きませんでした。(チャート3)

ポンド:鋭く上昇

ポンド/ドルは、大幅上昇。欧州時間の安値1.3112ドルが発射台になって、1.3170ドル近辺のしつこい売りをこなすと1.3229ドルまで今週の高値を更新。この日発表された英指標が予想より強かったこと、そしてEU(欧州連合)離脱交渉に前進の兆しが出ていることが追い風になりました。(チャート4)

ポンド/円は、ポンド/ドルと共に上昇しましたが、150円手前で上値を抑えられました。(チャート5)

 

【この記事対するアンケート回答はこちらから】