facebook twitter
次の材料を求め、さまようドル/円
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

次の材料を求め、さまようドル/円

2017/11/8
・ドル/円:上下抑えられる。材料不足
・ユーロ/ドル:上値重い
・ポンド/ドル:回復中
・NZドル/ドル:明日、政策金利発表
facebook twitter メールで送る 印刷

前日(11月7日)の市場概況

ドル/円:上下抑えられる。材料不足

 この日のドル/円は、方向感に欠けた取引となりました。黒田日銀総裁が量的緩和の継続を明言したことが日本の長期金利の低下を招く一方、米長期金利は強含みで推移。日米金利差拡大の思惑がドル/円の下値を支えました。日経平均が約25年10カ月ぶりの高値をつけ、マーケットがリスクオンになっていることも追い風。ドル/円は113円台後半が底固くなり、この日はオープン直後の113.69円が安値でした。

 一方で、米国ではトランプ政権の税制改革プランの議会通過は難しいとの見方が出て、上値は114.33円で抑えられました。終値は113.975円(前日比+0.270円)。

 

ユーロ/ドル:上値重い

 ECB(欧州中央銀行)会合後は新たな買い材料もなく、この日のユーロ/ドルは1.16ドルを割ると1.1553ドルまで下げ、7月20日以来の安値を更新。ただその後は1.16ドル近辺に戻しています。(チャート2)

 

ポンド/ドル:回復中

 BOE(英国中央銀行)会合後に1.33ドル近辺から急落したポンド/ドルは、1.3039ドルでいったん下げ止まり、この日は1.3177ドルまで値を戻しました。

 BOEは、インフレ抑制を目的として、11月2日に利上げに踏み切りました。ただ最近の英国の経済指標は勢いがなく、内部からも、利上げは正当化できないと反対意見が出ています。今週金曜日に発表される英国の10月鉱工業生産指数と製造業生産指数は、今後の英経済見通しの重要な手がかりとなります。

 

NZドル/ドル:明日、政策金利発表

 NZに誕生した労働党主導の左派政権が、RBNZ(ニュージーランド準備銀行)に通貨安政策を要求するとの思惑でNZドルが売らやすい地合いになっていました。ところが、新首相がこれを否定しためNZドルが反転。NZドル/ドルは出だし好調で0.6952ドルまで上げましたが、その後は勢いを失い0.6889ドルまで下落しました。

 RBNZは明日の会合で、政策金利を現行の1.5%に据え置く方針。声明では、「今後しばらくの期間、緩和状態を続ける」というメッセージを繰り返し、早期の利上げを否定することになるでしょう。

 NZは、第2四半期の成長率が伸び悩んでおり、RBNZはGDP(国内総生産)の見通しを下方修正する可能性があります。

 一方でインフレ見通しに関しては、最近のNZドル安や原油価格の上昇を反映して、上方修正もあり得ます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください次の材料を求め、さまようドル/円

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

次の材料を求め、さまようドル/円

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。