facebook twitter
【経済パーソン】金正恩(キム・ジョンウン)氏の名言&迷言集
トウシル編集チーム
経済パーソン☆名言&迷言ギャラリー
世界経済に影響をあたえたBIGネームの発言や迷言をコレクションしてみました。「人」にフォーカスし経済を振り返ってみると、また違った視点でマーケットがみえてくるのではないでしょうか…

【経済パーソン】金正恩(キム・ジョンウン)氏の名言&迷言集

2017/11/2
第2回の経済パーソンは「キム・ジョンウン」氏です。誕生日は1984年1月8日と(2017年10月23日現時点で)33歳。北朝鮮の若きトップはどこへ向かうのか?そしてXデーはくるのか?世界が見守っています。
facebook twitter メールで送る 印刷

金正恩の発言でアジアに核保有国家が誕生した場合、日本経済はどうなる?

まるで幼稚園児のケンカだ

 世界の国々があきれるくらい、トランプ米大統領と北朝鮮の金委員長の言い争いがエスカレートしています。幼稚園児と違うのは、この二人は軍事力を持っていることです。しかし、両国はケンカしているようにみせて、水面下では、交渉が着実に進んでいるとの話もあります。

 北朝鮮が米国に何度もちょっかいをかけるのは、もちろん、戦争がしたいためではありません。米国から条件を引き出すための駆け引きです。トランプ大統領が掲げているのは「アメリカ・ファースト」主義。これは米国の国益を最優先し、国際的問題への関与を可能な限り控えるべきであるとする考え方です。

 トランプ大統領にとっては、アジアに乗り込んで、ロシアや中国も巻き込んだ戦争を引き起こすことなど何のメリットもない、ということになります。要は、北朝鮮がおとなしくなればそれでいいわけで、そのために、一定の条件と引き換えに、核保有を認める可能性もゼロではありません。

 米国の株価は史上最高値を更新中です。「アメリカ・ファースト」主義のトランプ大統領にとっては、アジアの平和維持よりも、米国の株価を暴落させないことのほうが重要です。米国と北朝鮮が、話し合いで戦争を回避することになれば、米国の株価にとってはプラスとなるでしょう。もちろん、日本にとっても良いことに違いありません。

 しかし、その副産物として、仮にアジアに核保有国家が誕生した場合、日本の株価が上昇できるのか、それはわかりません。 (解説:楽天証券FXディーリング部 荒地 潤)

◆今回の作家(原田ちあきさん)
コメント:正直本当になんで撃ってきているのかよく理解できず、一国民の感想としてこんな感じにしてみました!
プロフィール:大阪在住イラストレーター、漫画家 
著書:おおげんか(シカク出版) ひとりずもう(シカク出版) 原田ちあきの挙動不審日記(祥伝社) 
SNS:TwitterInstagramブログ

 

もっと! 金正恩氏名言&迷言集

 米国が過去に体験したことのない
最大の苦痛を与える
 
2017.09.12 国連軍縮会議にて

ソウルを火の海にする
2017.08.29 

 最後の勝利に向かって前進せよ 
2012.4.15

金正恩(キム・ジョンウン)氏の経歴・略歴

朝鮮民主主義人民共和国の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者金正日総書記の三男で後継者。父の死により最高指導者の地位を継承した。現在、朝鮮労働党委員長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官を務める。

「金正恩(キム・ジョンウン)」がキーワードの関連記事をみる ≫≫


◎ 名言&迷言 経済パーソン特集とは?

世界経済に影響をあたえたBIGネームの発言や迷言のまとめ特集です。「人」にフォーカスし経済を振り返ってみると、また違った視点でマーケットがみえてくるのではないか、というコンセプトで企画しました。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【経済パーソン】金正恩(キム・ジョンウン)氏の名言&迷言集

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【経済パーソン】金正恩(キム・ジョンウン)氏の名言&迷言集

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。