お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
舜宇光学科技(集団)有限公司(サニー・オプティカル・テクノロジー)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

舜宇光学科技(集団)有限公司(サニー・オプティカル・テクノロジー)

2016/12/16
デュアルカメラ生産拡大へAA装置導入加速、17年の出荷急増を予想
facebook twitter 印刷する

デュアルカメラ生産拡大へAA装置導入加速、17年の出荷急増を予想

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
02382 舜宇光学科技(集団)有限公司 (サニー・オプティカル・テクノロジー)  34.10 HKD
(12/16現在)
 株価
 企業情報
 チャート

舜宇光学科技はデュアルカメラモジュールの生産力拡大に向け、2017年にアクティブアライメント(AA)装置の導入を積極的に進める計画を明らかにしたが、BOCIはこの計画の背景に同市場に対する経営陣の強気見通しがあると指摘。技術リーダーとしての座を維持するという同社の決意の表れでもあると受け止めている。自前のAA装置だけでなく、外部からの購入を増やす計画に関しては、競争力の低下を懸念する向きも一部にあるが、BOCIはこうした悲観見通しには否定的。サムスン電子と台湾の有力レンズメーカー大立光電との和解や、大立光電による車載用レンズ市場への参入の可能性といったリスク要因についても、最近の株価調整によって全面的に織り込まれたと指摘。株価の先行きに対して強気見通しを継続し、同社をトップピック銘柄に選定している。

アンドロイド・スマホ向けのデュアルカメラモジュールのサプライヤーの中で、現在トップを走るのは舜宇光学科技と台湾のライトン(Lite-On)テクノロジー。うち舜宇光学科技の製品はファーウェイ(華為)「P9」「Mate9」、VIVO「X9」といったアンドロイド主力ブランドの旗艦モデルに採用されている。続く2番手グループは深セン欧菲光科技(深センA株002456)や丘タイ科技(01478)など。BOCIは舜宇光学科技のデュアルカメラ出荷台数が16年の2000万台から、17年には1億台以上に急増すると予想。月産能力を150万台増やすためには3000万元の設備投資が必要になるとみて、17年の設備投資が2億元に上ると予想している。

舜宇光学科技は2年前から自前でAA装置を開発しており、業界筋によれば、現時点では自社製約160台を保有。ほかにASMパシフィック(00522)から購入したAA装置30-40台を保有するという。今後は自社製、他社製両方のAA装置導入を加速させる計画だが、BOCIは自社製をハイエンド製品、他社製を標準製品の製造に振り向けると予想。コストや品質、効率のバランスを取る上で、自社製、他社製を組み合わせた同社のAA装置導入戦略は賢明であるとして前向きに評価している。

他社製AA装置をハイエンドのデュアルカメラモジュールに用いると予測する一部投資家は、競争力の後退と競合他社との均質化を懸念しているが、BOCIはこうした見方に否定的。同社が自社製装置を通じて、すでにこの分野の技術リーダーとしての地位を築いたと指摘。ASMパシフィック製のAA装置が自社製より優れているのであれば、さらなる技術進化が期待できるとし、競合他社との差を広げる要因になり得るとした。

BOCIは目標株価を据え置いた上で、株価の先行きに対する強気見通しを継続している。同社の現在株価は17年予想PER16.6倍と、魅力的な水準にあるとの見方。一方、レーティング見直しにつながる潜在リスク要因としては、デュアルカメラモジュール事業の展開が予想よりスローペースとなる可能性を挙げている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください舜宇光学科技(集団)有限公司(サニー・オプティカル・テクノロジー)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

舜宇光学科技(集団)有限公司(サニー・オプティカル・テクノロジー)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。