facebook twitter
中国工業セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国工業セクター

2016/11/10
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

11月10日
建設銘柄に強気見通し、米国より国内のインフラ投資と「一帯一路」が有望

中国工業セクターの中で、BOCIは建設銘柄を有望視している。国内の公共インフラ投資の伸びや「一帯一路」戦略が背景。一方、香港株式市場ではトランプ氏勝利を受けた米国でのインフラ投資拡大観測から、循環株の中聯重科(01157)や中国龍工(03339)などが値上がりしているが、BOCIはファンダメンタルズ重視というより、むしろ思惑買いに当たるとの見方。米国のインフラ建設市場は中国より小さく、中国企業の受注機会も限られると指摘している。投資家に対しては、まずは中国国内市場や対外発展戦略「一帯一路」の進ちょくに目を向けるよう提言し、個別ではゼネコン大手の中国鉄建(01186)や中国建築国際(03311)を含む建設銘柄を選好している。

BOCIは米国でのインフラ投資拡大観測による中国企業への恩恵を疑問視し、その理由として以下の4点を指摘している。◇インフラ投資の規模そのものが中国より小さい、◇米建設市場はローカル企業重視の閉鎖型で、外国企業の参入余地が小さい、◇米国では民主的な政策決定プロセスにより、財政支出を行うまでに時間がかかる、◇米国の債務増大で、プロジェクトファイナンスの余地も限られる――。また、中国は2009年、米国との間でラスベガス-サンフランシスコ間の高速鉄道建設計画について協議を始めたが、今のところ何ら進展はない。BOCIはこうした事情から、米国のインフラ投資拡大による恩恵は、中国建設企業にはほとんど届かないとみている。

一方で、BOCIは国内のインフラ投資や、21世紀のシルクロード経済圏戦略「一帯一路」に絡む対外投資を有望視している。うち「一帯一路」の履行状況は予想以上に堅調で、例えば昆明-シンガポール間の国際鉄道敷設プロジェクトでは、中国企業が全体の6割相当の受注を獲得したという。東南アジアや南アジアのインフラプロジェクトは米国より規模が大きく、今後も鉄道、道路、港湾、発電など各分野で投資が拡大する見込み。こうしたエリアでの陸上インフラの整備は、南シナ海やマラッカ海峡を通らずに中国と中東・欧州を結ぶ陸路を形成することにもつながる。また、欧州ではハンガリーとセルビアを結ぶ高速鉄道プロジェクト(鉄道総延長は350km、時速160km)が最近、資金調達にこぎつけ、近く着工する見通しとなった。

BOCIは海外の一部プロジェクトの履行にかなりの時間がかかる可能性を指摘しながらも、中国国内のインフラ投資状況を楽観している。不動産政策が引き締め方向に転じる中、国内経済の安定成長維持には公共投資の強化が欠かせないためで、国内外全体で見れば、インフラ投資が下押しする可能性は低いとの見方だ。個別では1-9月の新規受注が前年同期比22%増を記録した中国鉄建をインフラセクターのトップピックとし、中国建築国際をその次に選好。さらに中国鉄路通信信号(03969)、中国機械設備工程(01829)の株価の先行きに対しても強気見通しを明らかにしている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国工業セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国工業セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。