お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))

2016/4/19
4G苦戦で16年1-3月期に85%減益、下期の巻き返しに期待高まる
facebook twitter 印刷する

4G苦戦で16年1-3月期に85%減益、下期の巻き返しに期待高まる

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00762 中国聯通(香港) (チャイナ・ユニコム(ホンコン))  9.93 HKD
(04/19現在)
 株価
 企業情報
 チャート

チャイナ・ユニコムは4月18日、2016年1-3月期決算が前年同期比85%の大幅減益となる見通しを発表した。この数字は同社経営陣が事前に示したガイダンスの範囲内。ただ、経営陣は16年下期の巻き返しを見込んでおり、サービス収入や加入者純増数などの最新指標もすでに、苦境を抜け出す兆しを見せている。同社にとってはこの先、4Gサービスが極めて重要。データ通信ブームの恩恵を受けるためにも4G加入純増数を伸ばし、市場シェアを回復させる必要があるという。BOCIはネットワーク設備投資の増大を反映させる形で、16-18年の利益見通しを減額修正。これに伴い目標株価を引き下げながらも、同社株価の先行きに対して強気見通しを継続している。

同社経営陣によると、16年1-3月期の純利益は前年同期比85%減の4億8000万元にとどまる見通しだが、これは前の期(コア純損失45億5000万元を計上)からの大幅な業績改善を意味する。モバイルサービス収入は引き続き減少したものの、サービス収入全体は6四半期連続で下げた後、1-3月期に上向きに転じたという。

一方、1-3月期には鉄塔設備のリース料や公共費を含むネットワーク運営費用が前年同期比37%増大した。中国の通信キャリア3社は鉄塔資産を共有するため、中国鉄塔股フン有限公司(鉄塔公司)を共同設立したが、これにより鉄塔公司への資産譲渡益を計上する半面、リース関連経費が膨らむ結果となった。チャイナ・ユニコムにとって、16年の最優先課題は15年下期にスタートした4Gサービスの本格展開。同社が3Gサービスを開始した2010年にはコア利益が前年比68%減の37億元にとどまり、その後12年にようやく、3G以前の利益レベルを回復したが、BOCIは当時の経緯に触れた上で、今回の4G初期段階の業績悪化は許容範囲内とみている。

携帯電話加入件数の純増数は1-3月期に661万件。14年以来初めて、四半期ベースの加入純増数が上向きに転じた。これまでの苦戦は4Gサービスの後発であることが響いたため。同社の3Gサービス規格FDD-LTEは相対的にパフォーマンスレベルが高いものの、やはりデータ通信のヘビーユーザーが競合2社、チャイナ・モバイル(00941)、チャイナ・テレコム(00728)の4Gサービスに乗り換えたことが痛手となった。ただ、チャイナ・ユニコムの新たな経営陣は劣勢を挽回するため、設備投資予算の全てを4Gに投下する方針であり、チャイナ・テレコムとのネットワーク共有提携にも動き出している。4G FDD-LTEネットワークが16年末に稼働すれば、通信パフォーマンスで他2社に追いつく見込み。BOCIはチャイナ・ユニコムの4G加入純増数が四半期当たり約1500万件のペースで推移し、16年末には総数1億600万件に達すると予想。4G加入者の拡大に伴い、16年1-3月期以降はARPU(加入者1人当たり月額収入)も上向きに転じるとみている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム(ホンコン))

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。