facebook twitter
中国自動車セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国自動車セクター

2015/12/11
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

12月11日
小型車減税効果で11月の新車販売が過去最高を記録、16年にはやや減速か

中国の新車市場は11月も前月からの流れを引き継ぐ形で好調を維持し、生産台数、販売台数ともに月別で過去最高となった。10月1日付で小型乗用車(排気量1600㏄以下)向け自動車取得税減税が導入されたことで、10月の新車販売は2桁成長を回復したが、11月にはさらに前年同月比20.0%増、前月比12.9%増の251万台を記録。うち乗用車は前年同月比23.7%増の220万台と、BOCIの予想(同14%増の202万台前後)を大きく上振れた。一方、商用車販売は同1.1%減と引き続き低調だった。

BOCIは、11月の乗用車販売の好調は需要、供給両サイドの動きに起因すると指摘。需要側では小型車減税がピークの需要喚起を後押しした格好。供給側では第2-第3四半期に苦戦した各社が、通期目標の達成に向けて販促活動を強化したことが寄与した。

11月には特に減税対象の小型乗用車が好調で、このカテゴリーが乗用車販売全体に占める割合は70.9%と、10月の69.0%から一段と上向いた。排気量別に見ると、1001-1600㏄が前年同月比29.9%増。減税対象から外れる1601-2000㏄も同16.4%の伸びを示した。一方、1000㏄以下のカテゴリーは同1.9%の増加にとどまり、他カテゴリーを大きくアンダーパフォームした。

車両タイプ別に見ると、引き続きSUV人気が他を圧倒し、11月の販売台数は前年同月比72.1%増。セダン、MPV、ミニバンはそれぞれ同9.1%増、8.8%増、7.0%増だった。BOCIは2016年も引き続き、SUVが新車市場の成長エンジンになるとみている。

一方、ブランド出身地別に見ると、11月にはこれまで苦戦してきたフォルクスワーゲン、GM、フォードといったドイツ、米国ブランドが大きく伸びた。また、中国の独自開発ブランド、いわゆる「自主ブランド」もSUV人気を背景に引き続き好調で、乗用車全体をアウトパフォームした。自主ブランドは1-11月で見ても前年同期比14.1%増と好調。乗用車市場に占める割合は41.1%に上向いた(14年通年では38.4%)。

11月の新車販売伸び率は2年ぶりの高水準に達したが、BOCIは都市部の渋滞や大気汚染といった経済・社会問題を考慮し、これほど高い伸びはそう長くは続かないとみている。15年の新車販売に関するBOCIの最新予想は前年比3.9%増(修正前2.2%増)。16年に関しては乗用車販売予想を前年比10.6%増から同9.6%増に引き下げ、新車全体に関する予想を同9.8%増から同8.9%増に下方修正している。

10月、11月の販売台数が市場予想を上回る半面、自動車セクターのバリュエーションはここ1カ月ほど変わっておらず、BOCIはその理由として、16年からの需要の腰折れ懸念を挙げた。香港上場の自動車銘柄は現在、16年予想PER9.3倍の水準で取引されており、BOCIはセクター全体としては9-10倍が適正との見方。個別では吉利汽車(00175)、長城汽車(02333)などの株価の先行きに対して強気見通しを継続している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国自動車セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国自動車セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。