お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
大連万達商業地産股フン有限公司(ダーリエン・ワンダ・コマーシャル・プロパティーズ)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

大連万達商業地産股フン有限公司(ダーリエン・ワンダ・コマーシャル・プロパティーズ)

2015/6/25
不動産開発・投資分野の有力銘柄、O2Oブームが追い風に
facebook twitter メールで送る 印刷

不動産開発・投資分野の有力銘柄、O2Oブームが追い風に

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
03699 大連万達商業地産股フン有限公司 (ダーリエン・ワンダ・コマーシャル・プロパティーズ)  63.15 HKD
(06/25現在)
 株価
 企業情報
 チャート

BOCIは大連万達商業地産について、卓越した執行力で有力不動産企業としての地位を築いたと高く評価している。力強くかつ先行き見通しが明確な賃料収入の伸びや、資産保有にこだわらない独自の成長戦略、さらにO2O(Online to Offline:オンライン行動がオフラインの購買行動を促す施策)ブームに伴うビジネス機会の拡大に言及し、同社が最大手クラスのバリュエーションに値するとの見方を示した。目標株価を引き上げるとともに、株価の先行きに対する強気見通しを継続している。

2015年1-5月の物件成約額は前年同期比12.7%増と、香港上場の大手・中堅デベロッパーの多くを上回る伸びを示した。BOCIは15年通年の成約目標(1680億元)を達成するか、あるいは超えると予想。強みとして、プロジェクトが一等地に位置するなど事業ロケーション面で優位にあることや、複合開発事業とのシナジー効果を挙げた。

同社は開発部門の自律成長に加えて賃料収入が伸びており、多くの同業銘柄に比べ、成長見通しがより明確。既存の開発用地をベースとしたBOCIの試算では、賃料収入は14-17年に年平均31.7%増加する見込み。ショッピングモールの数は14年の108カ所から、17年には175カ所に増える見通しという。

1-5月の賃料収入は前年同期比34%の伸びを示した。圧倒的なスケールメリットを武器とした中小都市部での優位が背景。ショッピングモールの設計・建設・賃貸業務における同社の強さを示す形となった。親会社の強いリーダーシップや体験型消費ビジネス分野における手腕も、ショッピングモール部門の高い競争力を支える要因となっている。

長期成長を維持するための同社戦略は、同業他社に比べて成熟度が高い。資産保有を重視せずに権益保有率を少数にとどめ(全く保有しないこともある)、運営を監督する形で、「万達プラザ」ブランドの使用権をプロジェクトオーナーに付与。賃料収入やマネジメント料、ブランド使用料を受け取る。こうした戦略は、主に中小都市部で不動産供給過剰リスクを回避しつつ、現地の消費アップグレード需要を享受できる点で有利となる。さらに、不動産最大手の万科企業(02202)との提携も同戦略を進める上でプラス。主に小規模都市では、同社が商業施設の開発・運営を担う一方、万科企業が住宅物件の建設を担当する。また、BOCIによると、同社は現時点で中国最大のオフライン消費プラットフォームであり、この先予想されるO2Oブームの波に乗る見通しという。

BOCIはバリュエーション面から、中国海外発展(00688)や万科企業などの最大手デベロッパーに匹敵すると指摘。目標株価の算出基準となる対NAV(1株当たり純資産価値)ディスカウント率を見直し(予想NAVに対する不動産投資、開発、ホテル部門のディスカウント率を10%、20%、15%に縮小)、目標株価を引き上げた。現在株価が予想NAV比で39%のディスカウント水準にあることに言及している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください大連万達商業地産股フン有限公司(ダーリエン・ワンダ・コマーシャル・プロパティーズ)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

大連万達商業地産股フン有限公司(ダーリエン・ワンダ・コマーシャル・プロパティーズ)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。