facebook twitter
中国テキスタイルセクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国テキスタイルセクター

2015/6/1
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

6月1日 
参入障壁の高まりで業界統廃合が進行、付加価値サービス対応の大手が有利に

中国のテキスタイル業界では、機能性素材の生産やデザイン力の向上、リードタイム(発注から納品までの時間)の短縮、品質向上などに関する海外取引先からの要求を受け、構造的な変化が進行している。技術レベルの進歩やインフラ投資基準の向上で参入障壁が高まり、業界統廃合が進んでいる状況。BOCIはこうした中、◇事業拡大余力、◇研究開発やデザインなどの付加価値サービスの展開、◇大口取引先との緊密な関係、◇効率や柔軟性に優れた複数生産基地体制――などの条件に合致するOEM(相手先ブランド製造)銘柄を有望視。申洲国際集団(02313)の株価の先行きに対して強気見通しを示した。スポーツウェア、機能性ウェアの急成長による同社への恩恵を見込んでいる。一方、互太紡織(01382)の株価の先行きに関しては中立見通しを示している。

BOCIによると、中国のテキスタイル業界では引き続き、大手のシェアが拡大する見込み。技術レベルの高さや、世界の小売事業者による高品質製品需要の高まり、さらに中国や東南アジアなど主要生産地の環境問題、人件費高騰を受けた非採算企業の撤退――などがその背景にあるという。利益率の維持を目指す形で国内業界の勢力図やバリューチェーンは変わり始めたが、こうした現状を追い風にできる企業として、BOCIは主に以下の3タイプを挙げている。◇ワンストップ型サービスプロバイダー、◇デザイン力を持つODM(相手先ブランド設計・製造)メーカー、◇特殊糸/布地メーカー。

一方、グローバル市場では消費者の健康志向の高まりを背景に、スポーツウェアおよび機能性ウェアの需要が高まっている。BOCIは特に、女性向け市場の成長潜在力を指摘。既存の大口顧客(多国籍企業など)との緊密な関係が長期成長のカギを握るとしている。

海外大手ブランドの多くは人件費高騰や人民元高を受け、すでに中国からカンボジア、ベトナムなどの東南アジア諸国に一部生産拠点を移転した。カンボジア、ベトナムなどの生産性は通常、中国を20-50%下回るとされるが、投資の継続に伴い、生産性格差も段階的に縮小する可能性が高いという。

BOCIはテキスタイル銘柄の2015-17年の利益成長率が年率平均17%に達するとみており、この予想に基づく現在株価の15年予想PERは21倍、16年予想PERは18倍(加重平均)。今後は事業拡大余力を持ち、付加価値サービスを提供することが可能で、かつコスト管理力の高い企業がバリュエーション面で抜け出す見通しという。一方、技術レベルの低い小規模企業は長期的に苦戦を余儀なくされる可能性が高い。

セクター全体の潜在的なプラス材料は、生産基地の新設、新規の取引先開拓、低価格原材料の開発などが予想以上のペースで進むこと。逆にレーティング引き下げにつながりかねない潜在リスクとして、BOCIはグローバルブランドの成長減速や原材料価格の高騰を挙げている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国テキスタイルセクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国テキスタイルセクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。