facebook twitter
聯想集団(レノボ・グループ)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

聯想集団(レノボ・グループ)

2015/2/3
14年10-12月期決算予想上振れ、モトローラ端末は販売好調
facebook twitter メールで送る 印刷

14年10-12月期決算予想上振れ、モトローラ端末は販売好調

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00992 聯想集団(レノボ・グループ)  10.92 HKD
(02/03現在)
 株価
 企業情報
 チャート

レノボ・グループの2015年度第3四半期(14年10-12月期)決算はパソコン部門の利益率改善や買収したモトローラの携帯端末部門の売れ行き好調を受け、市場コンセンサス予想を上振れた。同期にはモトローラ携帯を中国市場に再投入したが、事前注文は旺盛だったという。一方、IBMから取得したx86サーバビジネスは依然縮小局面にあるが、レノボは今後の立て直しに自信を示している。BOCIは既存のPCビジネスと新規取得事業の両方について、この先の成長を予想。目標株価を引き上げるとともに、株価の先行きに対する強気見通しを継続した。

10-12月期の売上高は前年同期比31%増の141億米ドル。税引き前利益(PTI)は同15%減の2億7400万米ドルと、市場予想およびBOCI予想をそれぞれ9.6%、15%上回った。EMEA(欧州・中東・アフリカ)市場のウエート拡大で、PC部門の税引き前利益率が2.0ポイント改善したことが予想上振れの一因。また、モトローラブランドの端末出荷台数は前年同期比118%増の1060万台に達した(ほぼ11-12月限定)。同期はモトローラ端末が約2カ月にわたって貢献するとともに、IBMから買収したx86サーバビジネスがフルに寄与した初の四半期となったが、PTIの2桁減はモトローラ部門とx86ビジネスの赤字が原因だった。非現金のM&A関連費用は同期に7,400万米ドル。この要因を除外した場合、同期のPTIは前年同期比8%増の3億4,800万米ドルだった。

同社は中国市場にモトローラのMoto GおよびMoto X端末を投入したが、事前注文は100万台と好調。経営陣は今後の成長潜在力を見込み、「モトローラ」ブランドを維持する方針だ。レノボブランドとの共食いを避けるため、モトローラを中価格およびハイエンドと位置付ける。また、向こう12-18カ月で4億-5億米ドルのコスト削減を実施し、買収完了(14年10月30日)から4-6四半期以内の黒字化を目指すという。 一方、IBMのx86ビジネスは同期に4,200万米ドルの税引き前損失を計上したが、経営陣は高コスト体質やスケールメリットの欠如が問題との認識。コスト削減や市場シェア拡大を通じた経営立て直しに自信を示すとともに、PC部門を上回るPTIマージンを達成するとの楽観見通しを維持している。 10-12月期決算は、PC部門では出荷台数が前年同期比5%増加し、世界シェアは20%。部門PTIは4億9,400万米ドルと、過去最高を記録した。モトローラを含む携帯端末部門は税引き前で8,900万米ドルの赤字。モトローラ、レノボ両ブランドの世界シェアは計6.6%となり、ベンダー別で世界3位に浮上。地域別ではEMEA市場が成長牽引役となり、売上高は前年同期比40%増の40億米ドル。EMEAのPC市場で19.6%(前年同期比4.4ポイント高)のシェアを握り、13カ国でトップブランドとなった。一方、中国での売上高は同社全体で1%微増の41億米ドルで、売上構成比は29%だった。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください聯想集団(レノボ・グループ)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

聯想集団(レノボ・グループ)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。