facebook twitter
嘉里物流聯網有限公司(ケリー・ロジスティクス)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

嘉里物流聯網有限公司(ケリー・ロジスティクス)

2014/12/9
台湾のケリーTJに成長潜在力、電子商取引事業で最大手の座を強化へ
facebook twitter メールで送る 印刷

台湾のケリーTJに成長潜在力、電子商取引事業で最大手の座を強化へ

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00636 嘉里物流聯網有限公司 (ケリー・ロジスティクス)  12.28 HKD
(12/09現在)
 株価
 企業情報
 チャート

BOCIはケリー・ロジスティクスの台湾部門、ケリーTJロジスティクス(嘉里大栄物流)に対する訪問リサーチを行った。ケリーTJは台湾のLTL(トラック1台分未満)輸送サービスの最大手であり、主力のLTL業務の売上構成比は約80%。台湾の取引先の多くは中小企業であるために、3PL(サードパーティー・ロジスティクス)サービスより、LTLの需要が大きい。台湾のLTLビジネスの約95%はB2Bで、残りがB2CやC2C。同社はこの先、調剤、電子商取引分野の物流ビジネスを強化することで、LTL最大手の座を固める方針という。親会社のケリー・ロジスティクスの売上高は2010-13年に年率33%の急成長を示したが、うちケリーTJの売上構成比は13年に10%で、物流部門に限ると22%。BOCIはケリーTJへの成長期待を示した上で、ケリー・ロジスティクスの株価の先行きに対して強気の見通しを継続している。

ケリーTJは台湾ロジスティクス市場で約45%のシェアを握る最大手(2位のHCTロジスティクスのシェアが約38%)。寡占市場であるために価格決定力が高く、台湾のLTL事業者の営業利益率は通常、中国本土の同業者を明らかに上回る。国際会計基準に基づくケリーTJのEBIT(利払い前・税引き前利益)マージンは、14年1-9月期に15.8%の高水準だった。また、この事業分野はライセンス取得の必要性や初期コストの高さといった点で参入障壁が高く、新規参入組は数えるほど。BOCIはこうした環境から、ケリーのリーディングポジションは安泰とみている。

ケリーTJは今年、「kerrygo」名のオンラインプラットフォームを立ち上げ、電子商取引ビジネスに参入した。C2C需要を主要ターゲットとし、第1段階では季節の果物の販売に特化する。既存のネットワークやトラックなどの資産が同社の強み。純粋な電子商取引事業者とは異なり、ワンストップ型サービスを提供することが可能となる。ただ、同事業は成長力が高い半面、人件費の増大をどう抑えるかが課題。ドアツードア・サービスには人手が要る上に、若いスタッフの不足が問題となっており、運転手を引き止めるための賃金アップも必要になるという。 BOCIが今回訪問した施設の一つは、ケリーTJの低温流通(コールドチェーン)用の冷蔵・冷凍倉庫。同社はトラック3000台のうち400台をコールドチェーンに振り向けており、この分野でも台湾有数。電子商取引ビジネスの拡大に伴い、コールドチェーンビジネスの需要拡大が見込まれている。 BOCIはケリー・ロジスティクスの台湾事業の売上構成比が10%にとどまることに言及しながらも、東南アジアに続いて2番目に収益力が高い地域である点を指摘。事業多角化戦略や成長潜在力を評価し、今後はケリー・ロジスティクスにとってのケリーTJの価値が段階的に高まるとみている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください嘉里物流聯網有限公司(ケリー・ロジスティクス)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

嘉里物流聯網有限公司(ケリー・ロジスティクス)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。