お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
永亨銀行(ウィンハン・バンク)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

永亨銀行(ウィンハン・バンク)

2013/5/31
利ざや回復や貸出伸び率加速でファンダメンタルズが改善、配当性向の一段の引き上げも
facebook twitter メールで送る 印刷

利ざや回復や貸出伸び率加速でファンダメンタルズが改善、配当性向の一段の引き上げも

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
00302 永亨銀行(ウィンハン・バンク) 74.35 HKD
(05/31現在)
 株価
 企業情報
 チャート

BOCIは永亨銀行の利ざやの回復や貸出伸び率の加速を指摘し、ファンダメンタルズが改善傾向にあるとみている。また、このところの調整を受け、同行株価の予想PBR(株価純資産倍率)が2年ぶり低水準の1.01-1.08倍に下げたことで、目標株価(13年予想PBRで1.28倍)を据え置きながらも、従来の中立的な見方を強気に引き上げた。最近の調整については、MSCIグローバルスタンダード(香港)指数からの除外とMSCIグローバル小型株(香港)指数への採用(5月31日付)を受けたテクニカルな下げである可能性を指摘。今後は再び、利ざやの改善や貸出伸び率の加速、資本の強さ、増配の可能性を含め、同行のファンダメンタルズに焦点が移るとみている。

経営陣によると、2013年1-3月期には純金利マージンが1.65-1.67%と、12年下期の1.57%から8-10ベーシスポイント改善した。また、貸出伸び率は前四半期比2%強と、業界平均の3.1%に迫る水準に達した。12年には前年比4.8%増と、業界平均(9.6%)を下回ったものの、経営陣は13年の貸出伸び率(貿易手形を含む)を少なくとも1桁台後半に引き上げる目標を掲げており、BOCIは13年予想を7.4%から8.0%に上方修正した。また、資産の質についても安定傾向を見込んでいる。

BOCIは投資不動産の売却、高コストの劣後債の償還による自己資本比率、純金利マージン、配当政策へのプラス影響を見込み、市場はこの点を過小評価していると指摘している。うち投資不動産「ウィンハン・フィナンシャル・センター」の売却は6月5日に入札が締め切られる予定で、市場は売却価格17億-20億HKドルを見込んでいる。BOCIは仮に売却価格が予想の下限にとどまっても、売却益は1億1800万HKドルに上ると予測。この要因から、13年予想利益を6%上乗せした。売却後には同センターの約半分を賃貸することから、営業費用は1.6%膨らむ見通しながらも、中核的自己資本のTier1比率が上向き、配当性向の引き上げにもつながる見込み。同行は12年に配当性向を10ポイント引き上げ、35%としたが、13年には一段の引き上げの可能性もあるという。

一方、劣後債2億2500万米ドルの償還に伴い、純金利マージンは今後さらに上向く見通し。BOCIは全面借り換え、50%借り換え、全面償還という3つのシナリオを想定しながらも、経営陣がうち全面償還を選択する可能性を指摘し、その場合、自己資本比率が15.9%へ1.4ポイント低下するとした(さらに投資不動産の売却効果を加味した場合は16.6%)。この要因はTier1比率には影響しないものの、利ざや改善につながる見込み。年間1億6300万HKドル相当の支払い金利の削減により、純金利マージンが年率8.4ベーシスポイント上向く見通しという。BOCIは控えめな想定の下、同行の純金利マージンが13-15年に1.68-1.71%に改善するとみている(12年通期は1.62%)。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください永亨銀行(ウィンハン・バンク)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

永亨銀行(ウィンハン・バンク)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。