facebook twitter
チャートの形状はOK!あとは売買の解釈次第
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

チャートの形状はOK!あとは売買の解釈次第

2016/10/21
今週の日経平均ですが、上昇基調が続き、10月19日(水)の取引時間には節目の17,000円台をつけ、翌20日(木)の取引は17,235円となり、終値ベースでも17,000円台乗せを達成しました。
facebook twitter メールで送る 印刷

今週の日経平均ですが、上昇基調が続き、10月19日(水)の取引時間には節目の17,000円台をつけ、翌20日(木)の取引は17,235円となり、終値ベースでも17,000円台乗せを達成しました。

(図1)日経平均(日足)の動き(その1)(2016年10月20日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

いつもの通り、足元の状況を上の図1で確認します。

前回(10月13日時点)では、大きな陰線かつ25日移動平均線まで押されていたこともあって、「ダブルボトム崩れ」が警戒されていたのですが、結局、25日線がサポートとして機能し、今週の上昇基調につながっています。

7月以降の値動きを振り返ってみると、25日線・75日線を問わず、移動平均線がサポートとなる場面が多かったことが分かります。こうしたサポートの積み重ねが、あらためて相場の底堅さにつながっていたと言えます。

「下げきらない相場」については、これまでにも何度か触れてきた通りですが、その一方で、上値が「重たい相場」であることも繰り返し触れてきました。

ただし、直近のローソク足を見ると、陽線が5本続けて並んでいるほか、20日の取引も高値引けで買いの勢いが感じられることや、株価水準も直近高値(10月11日の17,074円、9月5日の17,156円)を次々に上抜けています。9月5日の水準超えは高値更新を意味し、第129回でも紹介しました、「トレンドのバトン」がつながったことになります。ここにきて上値を伸ばしそうなサインが揃い始めている印象です。

週足チャートでも、52週移動平均線を今年になってはじめて上抜けてきました。52週線は1年平均の値動きを表しますので、ようやく、足元の株価が値動きの中心線よりも上回ったことになります。

(図2)日経平均(週足)チャート

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

ちなみに、週足チャートでは、①13週線と52週線のゴールデンクロスが実現できるか、②高値どうしを結んだ抵抗ラインを上抜けられるか、が次の注目点になります。

このように、チャートの形状からは今後の期待が膨らむ「良い形」になっていると言えますが、気になるのは、売買のボリュームです。10月に入って、東証1部の売買代金が2兆円に届いたのは20日(木)だけです。これまで、何度も「日経平均17,000円の壁」に阻まれてきたのも、買い騰がるだけの売買に欠ける点が指摘されてきました。

しかし、7月以降、17,000円の壁にトライするのは今回で5度目です。売買の少なさは、別の見方をすれば、「売りが多過ぎて、買い騰がれなかった」のではなく、「時間をかけて売り物を拾ってきた」と解釈することもできます。そう捉えれば、3カ月以上にわたって続いたもみ合い相場で市場のエネルギーが蓄積されたことになり、株価上振れの可能性も出てきます。まずは翌21日(金)の取引で17,000円台の滞空時間が試されることになります。

今週の取引を17,000円台乗せで終えることができれば、上値追いの展開になりそうですが、個人的には一気に上値を伸ばすというよりも、徐々に水準を切り上げていく展開になると考えています。「時間をかけて売り物を拾ってきた」ということは、過去に売買が盛り上がって高値をつけたところで再び売りをこなすことになるからです。

(図3)日経平均(日足)の動き(その2)(2016年10月20日取引終了後)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図3をみると、4月下旬辺りがそれに該当します。この時の高値が4月25日の17,613円ですので、上値追いとなった際のメドとして意識されそうです。仮に反転したとしても、下値は引続き25日もしくは75日移動平均線がサポートになりそうです。

ちなみに、足元の株価は年初の下落時に形成したトリプルボトムの戻り高値どうしを結んだ線の延長線を上抜けてきました。次は、安値どうしを結んだ線の延長線に向かって上値を伸ばせるかどうかがポイントになりますが、ちょうど4月25日の水準でもあります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいチャートの形状はOK!あとは売買の解釈次第

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

チャートの形状はOK!あとは売買の解釈次第

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。