facebook twitter
「ブレイク」はレンジ突破か休憩か?
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

「ブレイク」はレンジ突破か休憩か?

2016/5/20
今週の日経平均は16,000円台中盤での値動きが続いています。5月19日(木)の終値は16,646円でした。
facebook twitter メールで送る 印刷

今週の日経平均は16,000円台中盤での値動きが続いています。5月19日(木)の終値は16,646円でした。

(図1)日経平均(日足)の動き(2016年5月19日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

足元の状況は上の図1の通りです。

前回は、2本の移動平均線をまたいで上昇する陽線が出現し、「2本抜き」の格好となったため、株価が上昇しやすい状況と指摘しましたが、そう言った舌の根も乾かない翌日には「逆の2本抜き」パターン(2本の移動平均線をまたいで下落する陰線)が出現してしまい、思った通りの上昇とはならず、当てが外れてしまいました(申し訳ございません)。

その後は、大きく上振れることも下振れることもなく、25日移動平均線を挟んだ値動きが続いていますが、ローソク足の並びを眺めても、ヒゲが長かったり、実体が短かったりと、あまりパッとしませんし、明確なサインも今のところ出ていません。

上値については16,800円水準が意識されているようにも見えます。まずは、この水準を突破(ブレイク)できるかが目先の注目になります。

一方、下値については、何だかんだで下値が切り上がっているほか、移動平均線も25日線が75日線を上抜ける「ゴールデン・クロス」を達成しているなど、地味ながらも相場の状況は改善しています。これまでに何度か紹介しました「売り仕掛けのトレンドライン」を見ても、日経平均がこのラインに沿って推移しています。

結果論では、5月の連休明けに買いを入れていれば利益を得ることができたわけですが、19日終値(16,646円)は、ちょうど前回(12日)終値と同値で、「往って来い」の状況です。相場の方向感が出ていない割には、下の図2のTickチャートを見ても分かるように、日々の値動きはかなり慌しくなっています。デイトレードをメインにするのであれば、上げ下げの場面が多い分、売買機会に恵まれていますが、日中も相場に向き合える時間的余裕を有する方でない限りは、相場の流れに合わせて売買タイミングを掴むのは非常に難しかったといえます。

(図2)直近の日経平均のTickチャート

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

また、別の角度からみると、足元の日経平均は小休止(ブレイク)の状態であるようにも見えます。チェックするのは、①4月のいわゆる「日銀プレイ」を巻き込んだ上昇幅(4月8日~25日)と、②追加金融緩和実施が見送られた日銀会合後の下落幅(4月28日~5月2日)です(下の図3)。

(図3)日経平均(日足)チャート その1(2016年5月19日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

①の期間で日経平均は約2,142円上昇していますが、その「半値押し」となる16,542円は最近の日経平均の値動きの中心水準です。また、②の下落幅は1,597円ですが、その「半値戻し」は16,773円と、直近の上値メドとなっている16,800円水準です。

つまり、日経平均はふたつの値幅の半値水準に挟まれている格好になっていて、足元の日経平均の地味な上昇が、目先のリバウンドにとどまるのか、このまま上昇が継続するのかを見極めている状況と言えます。

このレポートのタイトル「風林火山」の通り、「動かざること山の如し」といったところですが、相場の方向性は上と下のどちらを向いているのかを敢えて決めるのであれば、現時点では上方向と見ています。

下の図3は日経平均とRSIですが、日経平均とRSIが「逆行現象」になっています。この場合、日経平均が下値を切り上げる一方で、RSIが下値を切り下げる格好となっているため、トレンドフォロー型の逆行現象です。ですので、基本的には足元の相場地合い改善の流れが続くのではないかという判断です。ただし、「どこまで上昇しそうなのか?」という点においては、買いの勢いが感じられない分、微妙なところです。その意味でも、先ほどの16,800円水準の上値メド突破は、思った以上に大きな意味をもっているのかもしれません。

(図4)日経平均(日足)とRSI(2016年5月19日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

なお、①の半値押しを中心にチャートの表示期間を長くしてみますと、大きな相場レンジが見えてきますので、次のレンジ突破(ブレイク)の目処となりそうです(下の図5)。

(図5)日経平均(日足)チャートその2(2016年5月19日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「ブレイク」はレンジ突破か休憩か?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「ブレイク」はレンジ突破か休憩か?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。