facebook twitter
良くも悪くも材料待ち
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

良くも悪くも材料待ち

2016/5/13
「アフター米雇用統計」となった今週の株式市場ですが、5月12日(木)の日経平均終値は16,646円となりました。
facebook twitter メールで送る 印刷

「アフター米雇用統計」となった今週の株式市場ですが、5月12日(木)の日経平均終値は16,646円となりました。

(図1)日経平均(日足)の動き(2016年5月12日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

いつもの様に、上の図1で足元の状況を確認していきます。

前回、「売り仕掛けのトレンドライン」を下回ったことで、下げ止まりの水準を探るシナリオを想定しましたが、意外(?)にも日経平均は水準を切り上げる展開となりました。とはいえ、日経平均の動きは、この売り仕掛けのトレンドラインに沿った格好ですので、下落を警戒しながらの上昇であったことが窺えます。

また、今週末はオプション取引、mini先物のSQが控えていることもあり、売り買いの攻防があったことも考えられます。11日(水)の取引は高値をつけた後に下落に転じ、12日(木)の取引は安値をつけた後に切り返す動きを見せるなど、慌しい値動きだったため、取引を行うにはやや手掛けづらい状況だったと言えそうです。

良くも悪くも、次の材料待ち次第の状況に変わりはないのですが、先週と異なるのは、明るい材料がいくつか出ていることです。ひとつめは75日移動平均線の傾きが微妙に上向きになり始めていること、もうひとつは、12日(木)のローソク足が25日、75日の移動平均線をまたいで上昇していることです(下の図2)。

(図2)直近の日経平均(日足)のローソク足(2016年5月12日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

これは、「2本抜き」と呼ばれる形です。この形が出現すると、株価が上昇しやすいと言われています。直近でも2本抜きが出現する場面があり、短期的に上昇する局面がありました。もっとも、この2本抜きは週足チャートにあてはまることが多く、日足チャートでは強気度合いを多少差し引く必要があるかもしれません。

また、レンジ内で株価の落ち着きどころを探る展開というメインシナリオは変更しなくてもよさそうです。下の図3は下落トレンドが発生した昨年12月からの日経平均の値動きと価格帯別売買高のチャートですが、現在の株価位置は、売買高が多い17,000円台と16,000円台のあいだに挟まれている格好です。

(図3)日経平均(日足)と価格帯別売買高(2016年5月12日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

レンジを抜けるには、もみ合いを続けて日柄調整をこなすか、強い材料が必要になってきます。また、足元では国内企業の決算発表シーズンがピークを迎えようとしていますが、「バリュエーション(企業の価値)的に、株を買い進められるのか?」も注目点になっています。その点についても、ざっくり状況を押さえてみたいと思います。下の図4は、国内名目GDPと東証1部の時価総額を比較したグラフです。

(図4)日経平均(日足)と価格帯別売買高(2016年5月12日取引終了時点)

※2016年1-3月期の名目GDPはまだ公表されていないため、2015年第4四半期の数値を適用
(出所:東京証券取引所と内閣府公表のデータを元に筆者作成)

実は、図4のように、「その国のGDPと上場株式の時価総額を比較する」というのは、著名投資家のウォーレン・バフェット氏が愛用しているとされる手法です。株式市場の時価総額がその国のGDPを大きく上回ると、株は買われ過ぎという見方をします。実際に図4を見ても、バブル絶頂期だった1989年は149%、ITバブル時で106%をつけていました。アベノミクス相場では2015年の第2四半期に117%になっています。足元では100%を下回っているものの、中長期的には「お買い得」な水準ではなさそうです。今後、本格的に株価が上昇していくには、企業業績の上振れや経済成長期待につなげられる政策が求められているのかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください良くも悪くも材料待ち

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

良くも悪くも材料待ち

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。