facebook twitter
週足チャートで相場の「ムード」を分けてみる
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

週足チャートで相場の「ムード」を分けてみる

2016/4/1
年度を跨ぐ格好となった今週の日経平均ですが、相変わらず17,000円を挟んだもみ合いが続いています。年度末となる3月31日(木)の終値は16,758円の安値引けでした。
facebook twitter メールで送る 印刷

年度を跨ぐ格好となった今週の日経平均ですが、相変わらず17,000円を挟んだもみ合いが続いています。年度末となる3月31日(木)の終値は16,758円の安値引けでした。

(図1)日経平均(日足)の動き(2016年3月31日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

いつもの様に足元の状況を上の図1で確認してみますが、値動き自体は前週とあまり状況が変わっていません。結局、3月は月間を通してほぼ日経平均17,000円水準でのもみ合いでした。前回のレポートタイトルの通り、膠着感と居心地の良さで落ち着いてしまっている状況です。

とはいえ、上値の切り下がりと下値の切り上がりによって形成されてきた「三角保ち合い」に先詰まり感があることや、ローソク足を囲んでいる25日移動平均線と75日移動平均線との距離も縮まってきています。新年度を迎えるタイミングということもあり、「そろそろ相場がどちらかにブレイクしそう」な雰囲気も芽吹いているように見えます。

ただし、上下のどちらにブレイクしそうなのかは正直読みにくいです。31日(木)の終値がこれまでサポートとなっていた25日移動平均線を下回ってしまったことや、2月に底を打ってからの戻り局面は、「横ばいから水準を切り上げて再び横ばい」という値動きとなっており、あらゆる材料を織り込みながら能動的に上昇してきたというよりは、環境の変化で水準自体は上下するものの、基本は次の材料待ちという受動的な株価の戻りだったことが予測を難しくさせています。

そんな中、上方向へのブレイクのカギを握るのは、前回も紹介した外国人投資家の買いです。ちょうど、31日(木)の取引終了後に東証が3月第4週分の投資主体別売買動向を発表しましたが、外国人投資家は12週連続の売り越しです。

(図2)外国人の買い越し・売り越し額の推移(2015年8月~2016年3月第4週)

(出所:東証公表データを元に筆者作成)

3月第2週の売り越し額が突出して目立っていますが、以降の売り越し額は減少傾向です。ただ、3月第4週(3月22日~25日)は祝日によって週4日立会いだったことを考慮する必要があり、まだまだ油断はできませんが、外国人が買い越しに転じれば支援材料になります。

足元の相場の膠着感は、中長期のシナリオが描きづらいという不透明感がもたらしていると思われますが、だからこそ、敢えて中長期のチャートでこれまでの動きを振り返ってみたいと思います。下の図3は、アベノミクス相場が始まった2012年からの週足チャートです。

(図3)日経平均(週足)の動き(2012年5月~)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図3にもあるように、トレンド発生中の状況で3本の並行な線を重ねると、「強気~中間」や「中間~弱気」などのゾーンに分けることができます。2012年11月より始まったアベノミクス相場は、2015年の夏場まで駆け上がったわけですが、以降は下落トレンドに転じました。そこで今度は下落トレンドに合わせて下向きの3本の線を引いてゾーン分けをしてみます。足元の日経平均は弱気と強気の中間に位置しています。現在の下落トレンドに明確な変化の兆しが出るまでは、下落トレンドの中での強気や弱気のムードをざっくり把握することができ、ブレイクした際の値動きの目安として使えそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください週足チャートで相場の「ムード」を分けてみる

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

週足チャートで相場の「ムード」を分けてみる

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。