facebook twitter
買いの勢いが欲しいところ
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

買いの勢いが欲しいところ

2015/10/9
「アフター米雇用統計」となった今週の国内株市場ですが、概ね堅調な動きを見せています。日経平均は週初の月曜日(10月5日)に節目の18,000円台を回復、以降も18,000円台前半をキープしての推移が続いています。
facebook twitter メールで送る 印刷

「アフター米雇用統計」となった今週の国内株市場ですが、概ね堅調な動きを見せています。日経平均は週初の月曜日(10月5日)に節目の18,000円台を回復、以降も18,000円台前半をキープしての推移が続いています。

(図1)直近の日経平均(日足)の動き (10月8日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図1で足元の日経平均の動きを見てみます。冒頭でも述べた通り、10月5日(月)に節目の18,000円台を回復し、その後は陰線、陽線、陰線と方向感が出ないものの、18,100円~18,300円台を中心としたもみ合いになっています。以前から注目していました、「下降気味のレンジ相場」の上限(ネックライン)を上抜けたほか、25日移動平均線の水準も上抜けています。5日移動平均も25日移動平均線を上抜け、いわゆる「ゴールデンクロス」となっています。テクニカル的には、さらなる戻りを期待させる格好で、9月29日の安値(16,901円)でとりあえず底を打ったと判断でき、かなりムードが良くなったと言えそうです。

また、週足チャートでも確認してみます(下の図2)。

(図2)直近の日経平均(週足)の動き (10月8日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

今週のローソク足は、10月8日の取引終了時点で陽線となっています。前週の下ヒゲの長いローソク足の出現によって、前回も指摘した「探りながら底打ちを確認していく」シナリオに沿った動きと言えます。

日足・週足の両者とも、戻りをうかがう印象のため、目先の底打ち確認と見て良さそうですが、日足チャートのローソク足の並び方などを見ると、戻りの力強さはあまり感じられません。このまま上昇トレンドに転じたと考えて良いのか判断に迷うところです。

そこで、今回は「DMI」という指標を使って見たいと思います。DMI(Directional Movement Index)とは日本語で「方向性指数」と呼ばれています。名前の通り、相場の方向(トレンド)と勢いを探るテクニカル指標です。

一般的に、DMIは3本の線を使います。(1)「+DI」、(2)「-DI」、(3)「ADX」です。細かい算出方法は抜きにしますが、(1)「上昇の勢いを表した線」、(2)「下落の勢いを表した線」、(3)「(上昇・下落問わず)相場そのものの勢いを表した線」というのがざっくりしたイメージになります。また、DMIの基本的な見方は以下の4点です。

  • 3本の線(+DI、-DI、ADX)ともに、線が上昇するほど勢いが強い。
  • +DIと-DIの関係・・・+DI>-DIならば上昇トレンド、-DI>+DIならば下降トレンド
  • 上昇トレンド、下降トレンドそれぞれの強さはADXが表す(上に行くほど強い)
  • 売買の目安は+DIと-DIのクロス

それでは早速見てみましょう。下の図3は、上段が日経平均(日足)、下段がDMIです。

(図3)日経平均(上段)とDMI(下段) (10月8日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

8月中旬からの株価の下落局面はまだ記憶に新しいですが、DMIでみても、ちょうどその頃から-DIが+DIを上回っている状態が続いており、現在に至っても下降トレンドにあると言えます。ただし、9月中旬以降の-DIは横ばいで推移していますし、トレンドの強さを表すADXも低下傾向にあるため、下落の勢い自体は衰えていると見ることができます。その一方で、+DIが徐々に上昇してきてはいますが、かなり緩やかです。そのため、「弱まった売りをこなす買いが入ってこない」というのが足元の状況と捉えることができそうです。もどかしい状況ですが、下値不安は後退しているため、買い材料には素直に反応しやすい相場地合いと思われます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください買いの勢いが欲しいところ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

買いの勢いが欲しいところ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。