facebook twitter
上昇トレンドの継続が試される
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

上昇トレンドの継続が試される

2015/3/27
今週の日経平均ですが、週初となる3月23日(月)の取引中に19,778円をつけるなど、大幅高を見せました。その翌日(24日)、翌々日(25日)の取引も高値が19,700円台後半となっており…
facebook twitter メールで送る 印刷

今週の日経平均ですが、週初となる3月23日(月)の取引中に19,778円をつけるなど、大幅高を見せました。その翌日(24日)、翌々日(25日)の取引も高値が19,700円台後半となっており、「今週中にも日経平均2万円か?」という声も多く聞かれましたが、3月権利付最終日だった26日の取引は大きな下落となりました。

(図1)直近の日経平均(日足)の動き (3月26日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図1を見ますと、24日と25日のローソク足は両日とも、「寄引同値線(十字線)」に近い形となっています。十字線は売りと買いが拮抗していることを意味する線ですから、これが相場の天井圏で出現すると、「買い優勢で上昇してきたが、そろそろ売りも目立ち始めている?」と考えることができます。その一方で、5日移動平均線がサポートになっていたこと、下ヒゲの長い25日のローソク足が示すように、取引時間中に大きく売られる場面があっても買い戻されるという、買い方の「粘り」も感じられていました。26日に下落したことで、「この勢いのまま一気に2万円」というシナリオはやや遠のいた印象ですが、26日の終値は前回の原稿作成時(19日)とほぼ同水準ですし、気になるのは、この下落が「ひとまずの上昇一服」なのか、「調整入りになったのか」です。

まずは、前回も紹介しました日経平均のレンジの確認です。下の図2のチャートでは2本のトレンドラインを引いています。一本目は日銀の追加金融緩和前につけた安値である昨年10月17日を起点とした線、もう一本は年初からの下落が落ち着いた1月16日を起点とした線です。そうすると、直近の日経平均の上昇はこの2本の線に挟まれたレンジ内での動きであることが分かります。そのため、調整局面に入ったとしても、このレンジ内に収まれば上昇トレンド継続、つまり、ひとまずの上昇が一服と見ることができそうです。ただし、このレンジを大きく下回ってしまうと、調整入りとなり、75日移動平均線までの深押しシナリオも浮上してきます。ちなみに、26日取引終了時の75日移動平均線は18,014円です。

(図2)日経平均(日足)チャートと三段上げ(3月19日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

では、ここで75日移動平均線に注目してみます。下の図3は上段が日経平均、下段が75日移動平均線との乖離線です。

(図3)日経平均の日足チャートと75日移動平均乖離線(3月26日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

ここ数ヶ月の動きを見ると、75日移動平均線の乖離線が110%ぐらいの水準が高値圏、102%ぐらいの水準が安値圏の目安になっています。前回、つまり昨年の日銀追加金融緩和で弾みをつけた上昇局面では110%ラインを挟んだもみあいがしばらく続いていますので、調整入りを見極めるにはもう少し時間がかかりそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上昇トレンドの継続が試される

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上昇トレンドの継続が試される

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月優待祭
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
投資の失敗
 
ハゲタカ特集
 
老後破綻
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
動画でわかる
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。