お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
日経平均は節目を挟んだもみ合いで日柄調整入りの様相
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

日経平均は節目を挟んだもみ合いで日柄調整入りの様相

2015/1/16
連休明けとなった今週の国内株市場ですが、日経平均は1月15日の取引終了時点で節目の17,000円を挟んだもみ合いとなっています。
facebook twitter メールで送る 印刷

連休明けとなった今週の国内株市場ですが、日経平均は1月15日の取引終了時点で節目の17,000円を挟んだもみ合いとなっています。ちょうど前回、「急落から反発に転じるタイミングでのローソク足の並び方があまり良くないので慎重スタンス継続が無難かも」と述べましたが、今のところはその通りの展開になっていると言えます。

(図1)直近の日経平均(日足)の動き(1月15日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

また、下の表は今週の日経平均の推移(1月13日~15日)をまとめたものです。図1でローソク足の並びを確認してみますと、陽線・陰線・陽線となっていますが、日々の日中値幅(高値と安値のレンジ)は250円以上とそれなりに大きく、また、高値が17,000円台、安値が約16,800円水準という共通点があります。つまり、方向感は出ていない割に値動きは荒っぽく、日和見的に相場の強弱感が入れ替わっているような印象です。

(表)今週の日経平均の動き(1月13日~1月15日)

日付 終値 高値 安値 日中値幅
1月13日 17,087円 17,087円 16,828円 259円
1月14日 16,795円 17,036円 16,770円 266円
1月15日 17,108円 17,141円 16,856円 285円

※1円未満の単位は切り捨て表示

また、最近の相場の悪材料として、原油価格の下落傾向による不安が挙げられますが、資源国からの資金流出をはじめ、米国エネルギー企業の業績や資金繰りの悪化、世界的なデフレ警戒といった、「良くないシナリオ」をかなり先取りして、株価も下げてきた印象があります。実際に日経平均の日足チャートを見てみますと、昨年12月中旬と年末年始の2回、急落した場面が確認できます。

(図2)日経平均(日足)の動き

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

いずれも、昨年10月末の日銀追加緩和で押し上げられた水準で下げ渋りを見せています。そのため、原油価格の下落がさらに進行し、良くないシナリオの現実味が高まらない限りは、ひとまず値幅調整は一巡していると思われます。このまま行けば、日・米・欧の金融政策会合やギリシャの選挙など、来週末まで控える多くのイベントを前に日柄を消化する保ち合い入りとなり、目先は25日移動平均線と75日移動平均線を意識する展開が想定されそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均は節目を挟んだもみ合いで日柄調整入りの様相

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均は節目を挟んだもみ合いで日柄調整入りの様相

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。