お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「三角保ち合い」形成と、「隠れた」逆行現象
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

「三角保ち合い」形成と、「隠れた」逆行現象

2014/11/28
連休明けで営業日数の少ない今週の日経平均ですが、引続き節目の17,500円台に乗せきれず、上値が重たい展開が続いています。
facebook twitter 印刷する

連休明けで営業日数の少ない今週の日経平均ですが、引続き節目の17,500円台に乗せきれず、上値が重たい展開が続いています。その一方で、下値も切り上がっており、「三角保ち合い」を形成しつつあるようです(下の図1)。

(図1)直近の日経平均(日足)の動き

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

一定期間の株価の上げ下げによって形成される型から相場を眺める手法は「フォーメーション分析」と呼ばれ、三角保ち合いはそのざっくり分類した一種です。図1のパターンは三角保ち合いの中でも、上値が抑えられる一方で下値が切り上がる「上昇三角形型」となります。

この他にも、ペナント型やフラッグ型、ボックス型などの保ち合いがありますが、どの型も一般的には、保ち合いをブレイクした(抜けた)方向にトレンドが発生しやすいという見方です。

「じゃあ、今回は上下どちらにブレイクしそうなのか?」が気になるところです。図1の上昇三角形型は、上昇への期待が比較的高い格好と言われています。「確かに上値は重たいものの、少し下がると買いが入って下値が切り上がっているわけだから強気だろう」という考え方です。

また、他のテクニカル指標とも比べて見ます。下の図2は、図1の下にRSIを追加したものです。日経平均が下値を切り上げていることは繰り返し触れましたが、RSIは逆に下値を切り下げています。つまり、日経平均とRSIの差が拡大する逆行現象となっています。

(図2)直近の日経平均(日足)とRSIの動き

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

よく、「逆行現象はトレンド転換の予兆」とされていますが、実は、逆行現象にはトレンド転換を示すサインと、トレンドフォローを示す「隠れた」逆行現象の二種類があります。大まかに分けると、下の図3のようになります。

(図3)「逆行現象」のパターン

見分けるポイントですが、株価が高値・安値を更新する中で発生した逆行現象はトレンド転換、RSIが上値・下値を更新する中で発生した逆行現象はトレントフォローとなります。今回の場合はトレンドフォロー型の逆行現象ですので、RSIから見ても強気と考えられます。ちなみに、逆行現象はRSIに限らず、ストキャスティクスなど、いわゆる「オシレーター系」指標全般でも基本的には見方は一緒です。

以上のように、今後も上昇していく確率が高いと判断できそうですが、保ち合いを形成する期間が短いことや、25日移動平均線からの上方乖離がまだ大きいこと、さらに、前回も触れましたが、日経225オプション取引でプットの建玉残高が増加しており、下落に備える動きも見られることから、下振れシナリオも意識しておく必要はありそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「三角保ち合い」形成と、「隠れた」逆行現象

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「三角保ち合い」形成と、「隠れた」逆行現象

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。