facebook twitter
「窓埋め」トライと「三角保ち合い」の維持
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

「窓埋め」トライと「三角保ち合い」の維持

2014/7/18
日経平均mini先物取引・オプション取引のSQ日となった今週末(11日)の国内株市場は、日経平均が下落して始まりました。元々、今週は冴えない展開が続いていましたが、10日までの日足チャートを振り返ってみましょう。
facebook twitter メールで送る 印刷

前回、「鯨幕(クジラまく)相場」が継続するかに注目と紹介しましたが、日経平均週足チャートを見てみますと、木曜日(17日)の取引終了時点では、ローソク足は陽線となっており、鯨幕相場は継続中でした。ただし、翌18日(金曜日)の日経平均は海外市場の流れを受けて一段安で始まり、鯨幕相場はひとまず崩れそうな格好です(図1)。

(図1)日経平均のチャート(週足)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

鯨幕相場が意味するところは、相場の先行きに対して見方が分かれてもみ合っている結果、売りと買いのローソク足が交互に出ているため、次の展開に向けて市場がエネルギーを溜めつつあると考えられています。ただし、鯨幕相場が途切れつつあるとはいえ、前のローソク足の範囲内に収まっており、まだ新たな局面に入ったとは判断できません。

一方で、このローソク足の形は始値と終値がほぼ同値の「十字足」と呼ばれ、相場が転換する際によく表れる形ですので注意が必要とされていますが、いつものように、ローソク足を合成してみると、図2のように、ごく普通の陰線になりますので、ひとまず先週末の水準まで下押しし、いったん様子を見ている状況と考えた方が自然です。

(図2)日経平均(週足)のローソク足合成

さらに、日足のチャートで見てみます。フォーメーション分析の視点からは、三角保ち合いを形成しつつあります。しかも下値が切り上がる形の「上昇三角形」型で、先行き強気となるケースが多いとされています。次に日経平均が目指すのは、以前にも触れた1月23日~24日に空けた「窓」埋めですが、チャートの形状からはこの「窓」を埋めるべく、エネルギーを溜めているように見えます(図3)。

(図3)日経平均チャート(日足)の「三角保ち合い」と「窓」

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

日経平均の上昇基調は5月下旬から始まりましたが、東証1部の売買代金が2兆円を下回る日が多く、エネルギー蓄積のためにもうしばらく保ち合いが続くことが必要となりそうです。ただし、地政学的な事情を背景とした海外市場のリスクオフムードの流れを受けて、18日の取引開始直後の日経平均は保ち合いの下限水準に位置しており、このまま保ち合いを維持・形成していけるかどうかが焦点になります。

再び株式市場はリスクの「オン」と「オフ」を意識しながらの展開になると思われますが、そもそも今回のリスクオフムードは一時的なもので収拾するのか、売り局面で下値を拾う動きが出てくるのか、また、これから本格化する決算発表シーズンで売買が増えてくるのかなど、来週の注目ポイントは多く、トレンドを掴むのは難しそうです。そのため、先程も紹介したローソク足の合成など、値動きから市場心理を読んでいくことが中心となりそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「窓埋め」トライと「三角保ち合い」の維持

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「窓埋め」トライと「三角保ち合い」の維持

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。