facebook twitter
3大イベントを15日に控え、小動き(窪田真之)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

3大イベントを15日に控え、小動き(窪田真之)

2017/3/14
3月15日に、3大イベント(FOMC、米債務上限引き上げ、オランダ下院選挙)を控え、日経平均は大きく動きにくくなっている。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 3月15日に、3大イベント(FOMC、米債務上限引き上げ、オランダ下院選挙)を控え、日経平均は大きく動きにくくなっている。
  • 3大イベントを波乱なく通過することができれば、日経平均は上値トライしやすくなる。

(1)3月15日(水)に3つのイベントを控え、小動き

13日の日経平均は、29円高の19,633円でした。年初から続いてきたボックス圏(19,000 - 19,600円)のほぼ上限で小動きとなっています。景気・企業業績の回復傾向がはっきりしつつあることから、日経平均は、ボックスを上放れしてもおかしくないと考えています。ただし、目先、15日(水)に重要な政治イベントを3つ控え、大きく動きにくくなっています。

日経平均日足:2016年11月1日 - 2017年3月13日

(注:楽天証券マーケットスピードより作成)

13日18時時点の為替は1ドル114.57円でした。ドル円も年初来続いてきたボックス圏(1ドル111.60円 - 116円)を抜け出すことができていません。

ドル円為替レートの動き:2016年11月1日 - 2017年3月13日

(注:楽天証券マーケットスピードより作成)

(2)15日に控える、3つの政治イベント

以下のイベントを控え、動きにくくなっています。

①FOMC(米金融政策決定会合)の結果発表→0.25%の利上げが確実視されている
②米国で債務上限引き上げの期限が到来→上限引き上げがないと新規の米国債発行ができなくなる
③オランダ下院選挙→自国中心主義で反移民・反EUを唱える極右「自由党」の躍進が予想される。

  • 最大の注目点はFOMC

0.25%の利上げ(政策金利であるFF金利の誘導目標を0.50 - 0.75%から、0.75 - 1.00%へ引き上げ)が発表されることが、ほぼ確実です。利上げが発表されても、それ自体にサプライズはなく、大きく市場を動かす要因とはなりません。

市場の注目は、今後の利上げピッチです。まず、17人のFOMCメンバーによる2017年末のFF金利予測(中央値)がどうなるか、が注目されます。昨年末時点では、2017年末のFF金利誘導水準が、1.25 - 1.50%になると予想されていました。これは、2017年中に、0.25%の利上げが3回実施されることを意味します。2017年末の予測水準が変わっているか、変わっていないかが注目されます。

次に、注目されるのは、FOMC声明文およびイエレン議長による記者会見です。タカ派(追加利上げに積極的)トーンか、ハト派(追加利上げに消極的)トーンか、注目されます。

これらを通じ、今後の利上げピッチが速くなりそうだととらえられれば、ドル高(円安)が進みやすくなります。今後の利上げピッチが遅くなりそうだととらえられれば、円安は進みにくくなります。

  • 米国の債務上限引き上げ

議会が、債務上限の引き上げを承認しないと、今後、新規の米国債の発行ができなくなります。トランプ大統領が唱える景気刺激策(大型減税と公共投資)をやっていくには、債務上限の引き上げが必要です。議会は共和党が握っているので、債務上限の引き上げは認められると考えられます。

ただし、万一、引き上げがすんなり通らないようだと、先行き、トランプ大統領の思い通りに景気刺激策を実行するのは困難になるとの見方が出てきます。トランプ大統領が共和党主流派の協力を得て、思い通りに政策を実行できるか見るための試金石となります。

  • オランダ下院選挙

反移民・反EU・自国中心主義を旗印とする極右「自由党」の躍進が予想されます。予想以上に、得票を伸ばすようだと、EUの結束に不安が生じます。

4月のフランス大統領選(決戦投票は5月)では、反移民・反EU・自国中心主義を唱える「国民戦線」のマリーヌ・ル・ペン党首が、決戦投票まで進出する可能性が高まっています。オランダでもフランスでも、反EU勢力が拡大しつつあるといえます。

昨年6月、英国がEU脱退方針を国民投票で決めたことに続き、大陸欧州の国々にも、反EU機運が広がる可能性があります。

(3)15日の3大イベントを無事通過すれば、一段の株高も

日本の景気・企業業績の回復色が強まっているため、3大イベントを波乱なく通過すれば、日経平均は上値トライすると考えています。ただし、3大イベントでネガティブ・サプライズが起こり、円高が進むと、日経平均の上値トライの時期は後ずれすることになります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください3大イベントを15日に控え、小動き(窪田真之)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

3大イベントを15日に控え、小動き(窪田真之)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。