お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
トランプ不安・EU不安から株安、日銀買いの効果は?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

トランプ不安・EU不安から株安、日銀買いの効果は?

2017/1/18
1月11日の記者会見を皮切りに、トランプ次期大統領の「暴言」が復活しています。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 1月に入り、トランプ不安、EU(欧州共同体)不安が再燃。「リスク・オフの円高」が進み、日経平均が売られた。世界景気は回復傾向にあるが、世界の政治不安は一段と高まっている。
  • 日経平均が下落する局面では日銀のETF買いが増える。ただし、日銀のETF買いだけで下値を支えることは困難。円高と外国人売りが止まるまで、調整が続く可能性も。

(1)トランプ不安にEU不安が加わり、「リスク・オフの円高」進む

1月11日の記者会見を皮切りに、トランプ次期大統領の「暴言」が復活しています。大統領選直後の「勝利宣言」に見られた国際協調・米国民の団結を呼びかける姿勢は影を潜め、世界をあきれさせる保護貿易・対外強硬策・マスメディア敵視の暴言を連発しています。いずれ「円安批判」発言も出るとの連想もあり、円高が進みました。

トランプ氏と金融市場の蜜月は、暴言復活時あるいは1月20日(大統領就任時)に終了する可能性があると考えられていましたが、そうなりつつあります。

17日は、それにEU不安が加わりました。昨年6月、英国は国民投票によってEUからの離脱(ブレグジット)を可決しました。メイ英首相は、EU離脱の基本方針を示す演説で、EU単一市場から完全に離脱する用意があると表明しました。

英国はEUから離脱後も、政治・経済的なつながりを広範囲に残す「ソフト・ランディング・ブレグジット」を選択せざるを得ないと見られていましたが、その見方をくつがえす発言となりました。英国とEUの経済関係が一気に崩れる「ハード・ランディング・ブレグジット」のリスクが再び意識され、英ポンドが急落しました。そうした不安も、円高につながりました。

EU不安に輪をかけるように、トランプ氏が、英国のEU離脱を賞賛し、英国との関係強化に動くコメントを出しています。トランプ氏はさらに、EUを支配するドイツを批判し、EU各国がEUに居続けることはできないと、EUの切り崩しを狙うようなコメントも出しています。

(2)世界景気は回復歩調

2017年は世界景気が改善に向かう中、世界の政治不安が高まる年と見ていました。年初から早くも、トランプ不安とEU不安が顕在化しつつあります。また、今のところまだ先鋭化していませんが、中国の海洋進出に伴う米中緊迫化のリスクもあります。

年前半は、日本および世界の景気・企業業績の改善が続くと考えていますので、政治ショックで下げたところは買い場になると考えています。ただし、下げてすぐに買うのではなく、悪材料がいったん出尽くす、あるいは、織り込まれたと考えられるところまで日経平均が下がってから、少しずつ慎重に買っていくべきと思います。

目先は、まず1月20日のトランプ氏の大統領就任演説の内容を確認したいと思います。大統領選「勝利宣言」に匹敵するような優等生発言がもう一度できるか、あるいは、もう2度と美辞麗句は使わないのか、見極めたいと思います。

(3)日銀のETF買いは日経平均の下値を支えられるか?

日本株ETFの買い主体として日銀の存在がどんどん大きくなっています。日本銀行は、これまで累計で約11兆円の日本株ETFを買い付けました。2016年から買い付けペースが上がっています。

2015年12月の金融政策決定会合で年3兆円のETF買い取りを3.3兆円に増やすことを決め、さらに2016年7月に年6兆円の買い取りとすることを決めました。

日本銀行による日本株ETFの累積買い付け額推移:2011年1月―2016年12月

(出所:ブルームバーグ)

ここから年6兆円のペースでETFの買い取りを続けると、保有残高は1年後に17兆円、2年後に23兆円、3年後に29兆円に達します。巨大な日本株の買い手となります。それだけに、「どのような買い方をするのか」に注目が集まっています。

(4)日本銀行はこれまで、概ね決められたペースでETFを買い付けている

日本銀行のETFの買い方に、明確なルールはありません。これまでの買い方を見ると、日経平均が下がった時に買いを増やし、上がると減らす傾向が鮮明です。

日銀のETF買取額と、日経平均の月次騰落率:2015年1月―2017年1月(17日まで)

(出所:日本銀行のデータより、楽天証券経済研究所が作成)

年3兆円(月平均2,500億円)のペースで買うとしていた2015年中は、月平均2,558億円とほぼ予定通りに買い付けています。2016年1-7月は年3.3兆円(月平均2,750億円)に近いペースで買い、2016年8-12月はほぼ年6兆円(月平均5,000億円)に近いペースで買い付けています。

日経平均が下がった月の買い付けが増えて、上がった月の買い付けが減る傾向が顕著ですが、ならすと、金融政策で表明している買い付けペースを守っています。

今月は、日経平均が下がったので、買い付けが増えると予想されます。日経平均が下がった16・17日は、続けて703億円の大口買いを出しています。

日銀の買いには日経平均の下支え効果がありますが、それでも外国人の売りが増加する時は、日経平均の下げを止めることはできません。円高と外国人の売りが止まるまで、下値リスクは続きます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいトランプ不安・EU不安から株安、日銀買いの効果は?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

トランプ不安・EU不安から株安、日銀買いの効果は?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。