お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
大型民営化株のIPOレビューJR九州はどうなる?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

大型民営化株のIPOレビューJR九州はどうなる?

2016/9/27
10月25日にJR九州が東京証券取引所に上場します。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

  • 過去の大型民営化IPO(新規上場)の振り返り。新規上場時についた初値が、公募価格を下回ったのは、日本たばこ産業だけ。それ以外は、初値で株価が上昇。
  • NTT株は、今でも、IPO時の公募価格を下回っている(株式分割考慮後)。昨年、上場した日本郵政とゆうちょ銀行も、公募価格を下回っている。それ以外の大型民営化株は、上場後に株価が上昇。JR東・西・東海の3社は、上場後の株価上昇率が高い。
  • JR九州は今期(2017年3月期)、鉄道事業が発足以来、初めて黒字化する見込み。その理由は明日、解説。

(1) 過去の大型民営化株のIPOレビュー

10月25日にJR九州が東京証券取引所に上場します。想定される時価総額4,000億円を超える大型IPO(新規上場)になります。JR九州について、お話しする前に、まず、過去の大型民営化IPOの上場後のパフォーマンスをレビューします。

 

大型民営化上場株のパフォーマンス:1987年2月―2016年9月26日

【金額単位:円】

 

(注:IPO価格から2016年9月26日株価までの株価騰落率は、株式分割を考慮して計算。配当金含まず。楽天証券経済研究所が作成)

上の表の見方を説明しましょう。注目していただきたいのは、赤と青で色をつけた部分(初値騰落率と9月26日までの株価騰落率)です。初値騰落率は、新規上場時の公募に応募して抽選に当たって購入した株を、上場後、最初についた価格で売った場合の損益を示します。1987年2月に新規上場した日本電信電話(9432)は、公募価格1,197,000円に対し、初値は1,600,000円に上昇しました。初値での上昇率は33.7%です。

さまざまな民営化上場株の初値騰落率を見ていくと、日本たばこ産業(2914)だけがマイナスですが、それ以外はすべてプラスになっています。

次に、9月26日までの株価騰落率を見てください。株式分割考慮後で、日本電信電話(9432)はいまだにマイナスです。上場時の人気は高く、初値をつけた後も、どんどん上昇し、一時3,180,000円まで上昇しました。ところが、収益はその後、長期的に低迷したため、株価は大きく下落することとなりました。

新規上場時の最初の公募価格で日本電信電話(9432)を取得し、その後、一切売却することなく29年間保有し続けた株主は、9月26日時点の株価でなお▲20.8%の含み損をかかえていることになります(株式分割考慮後、受け取り配当金は含まないベース)。

JR3社は、いずれも上場後の上昇率が高くなっています。当初、成長株として期待されていなかったのですが、新幹線が成長事業となって、最高益を更新してきていることが評価されています。

日本たばこ産業(2914)は、当初の公募価格が高すぎたために、初値ではマイナスとなりましたが、その後大型の海外IPOを成功させ、利益を伸ばしたことから、上場後の株価は上昇しました。

次に注目していただきたいのが、日本郵政グループ3社(日本郵政(6178)・ゆうちょ銀行(7182)・かんぽ生命(7181))です。昨年11月に新規上場しました。当初は、人気が出て、初値で大きく上昇し、その後もしばらく上昇が続きました。ところが、日銀がマイナス金利を導入してから株価が急落しました。9月26日時点では、日本郵政とゆうちょ銀行は公募価格を割り込んでいます。

(2)JR九州の業績見通し

10月25日に上場するJR九州ですが、分割民営化してから、1回も鉄道事業が黒字化したことがありません。ところが、今期(2017年3月期)に初めて、黒字化する見通しです。

 

JR九州の連結業績

【単位:億円】

  2016年3月実績 2017年3月会社予想
売上高(営業収益) 3,779 3,788
営業利益 208 518
うち運輸サービス ▲ 105 230
最終損益 ▲ 4,330 382

(出所:JR九州の開示資料より楽天証券経済研究所が作成)

一見すると、とても美しい決算ですが、その裏には、前期(2016年3月期)に行った特殊な決算処理が絡んでいます。詳しくは、明日、ご説明いたします。

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください大型民営化株のIPOレビューJR九州はどうなる?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

大型民営化株のIPOレビューJR九州はどうなる?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。