facebook twitter
スペイン総選挙で与党が議席増ブレグジット波乱が影響
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

スペイン総選挙で与党が議席増ブレグジット波乱が影響

2016/6/28
27日の日経平均は前週末比357円高の15,309円でした。24日にブレグジット(英のEU離脱)可決ショックで1,286円安と急落しましたが、27日は一旦反発しました。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

27日の日経平均は前週末比357円高の15,309円でした。24日にブレグジット(英のEU離脱)可決ショックで1,286円安と急落しましたが、27日は一旦反発しました。

27日の東京市場で、26日に実施されたスペイン総選挙の結果が判明しました。事前の予想に反し、与党が議席を増やしました。英国民投票後の世界の混乱が影響し、浮動票の一部が「現状維持」に流れました。今日は、そのことについて、コメントします。

(1)緊縮財政を継続することで、金融危機を脱したスペイン

スペインは、リーマンショック後に財政危機が顕在化しました。同時に、不動産バブルが崩壊し、スペインの銀行が巨額の不良資産をかかえました。財政への不安と、銀行財務への不安から、スペイン発の金融危機がおきかねない状況でした。2012年には、スペインだけでなく、ギリシャ・イタリアなど、南欧の過重債務国の信用不安が高まり、これらの国の国債が急落、利回りが急騰し、南欧債務危機と言われました。

2012年に、ECB(欧州中央銀行)は、スペイン・イタリアなどの国債を積極的に買い付け、財政危機におちいっている南欧諸国を側面から支援しました。また、EUは、スペインの金融機能をまひさせないために、スペインの銀行に金融支援を実施しました。

EUは金融支援の実施と同時に、スペインに緊縮財政を実行して、財政を改善することを求めました。スペインは、EUの指示にしたがって緊縮財政を続けました。

緊縮財政の効果があり、スペインでは、財政基礎収支・経常収支とも大幅に改善し、2014年1月には危機を脱しました。

スペインの財政基礎収支と経常収支(対名目GDP比率)の推移:2006年~2016年まで(2015年2016年はIMFの推定)

(出所:IMF)

(2) 緊縮疲れから、反EU・反緊縮を掲げる左派が勢力を拡大しつつあったスペイン

スペインは、金融危機を脱したものの、まだ対外負債残高は大きく、銀行の不良債権額も依然大きいです。現在でも、EUの要請で、緊縮財政を続けています。

ただし、危機を脱しても緊縮を続けていることに対し、スペイン国民の間に不満が蓄積しつつあります。2014年に設立された急伸左派「ポデモス」は、反EU・反緊縮を掲げ、急速に支持を拡大しつつありました。

(3)スペイン総選挙で、事前予想に反し、与党国民党が議席を伸ばす

最近の世論調査では、スペインの総選挙では、与党国民党が議席を減らし、急進左派ポデモスが大幅に議席を伸ばして、第2党になると予想されていました。

ところが、ふたをあけると、26日の総選挙で議席を伸ばしたのは、与党国民党でした。

スペイン総選挙の結果

政党名 政策スタンス 今回獲得議席 改選前議席
国民党 中道右派(政府与党) 137 123
社会労働党 中道左派(第2党) 85 90
ポデモス 急進左派(新興政党) 71 71
シウダダノス 中道右派(新興政党) 32 40
その他   25 26

(出所:ブルームバーグ)

直前に起こったブレグジットショックが与党拡大に寄与しました。ブレグジットショックで世界の金融市場が混乱し、英経済に重大な不安が生じるのを見て、スペイン国民の一部は、大衆受けする新興勢力に投票することに不安を感じたようです。

ブレグジットが可決した後、イギリスや北アイルランド・ロンドンに、英国からの独立を検討する機運が出たこともスペイン総選挙に影響しました。スペインも、分離独立の問題をかかえています。経済力の強いカタルーニャ地方がスペインから独立する住民投票を実施することを目指しています。スペイン政府は、カタルーニャが住民投票を実施することを認めていません。

もし、急進左派が議席を伸ばし、スペインが反緊縮・反EUに動くと、カタルーニャに独立気運が強まるリスクがあると考えられます。その問題も、与党支持に追い風となりました。

(4)反グローバル主義・孤立主義に一定の歯止めがかかるか?

世界的に、反グローバル主義・孤立主義が増殖しつつあることが、世界経済および世界の株式投資にとって、リスクとなっています。英国民投票でのブレグジット可決は、孤立主義の隆盛を感じさせるできごとです。

ブレグジットに刺激されて、EU内に、反EU運動が一段と拡大することが懸念されていました。まだ予断を許しませんが、スペイン総選挙で、スペイン国民がポピュリズムに走ることに、自制を示したことは、好材料といえます。孤立主義の行き過ぎで、世界経済がダメージを受ける図が、ブレグジット可決後の混乱で見えたことが、スペイン国民に影響しました。ポピュリズムに不安を感じ、現実路線に返る国民が増えていくならば、世界の政治・経済を安定させることに、寄与します。まだ予断を許しません。今後の、世界の孤立主義・ポピュリズムの動向を、注意深く見ていく必要があります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいスペイン総選挙で与党が議席増ブレグジット波乱が影響

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

スペイン総選挙で与党が議席増ブレグジット波乱が影響

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。