facebook twitter
EU残留派が離脱派を再び上回る英世論調査
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

EU残留派が離脱派を再び上回る英世論調査

2016/6/20
先週の日経平均は、1週間で1,002円下がり、15,599円となりました。一時1ドル103円台まで円高が進んでことが嫌気されました。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

先週の日経平均は、1週間で1,002円下がり、15,599円となりました。一時1ドル103円台まで円高が進んでことが嫌気されました。米FRBが利上げを見送り、日銀が追加緩和を見送ったことが円高の原因となりました。また、6月10日の英世論調査でEU離脱派が残留派を上回り、英国のEU離脱が現実のものとなったと受け止められ、欧米株式が下落し、安全資産として円が買われた面もありました。

ただし、最新の英世論調査では、再び、残留派が離脱派を上回りました。残留派の女性議員が極右思想を持つ男に射殺されたとの報道が影響し、浮動票が残留に一部流れたと考えられます。

今週は、英国のEU離脱リスクがやや低下したことを好感し、週初は、欧米株式および日経平均が買い戻される可能性があります。ただし、世論調査ではまだ残留派と離脱派が拮抗しており、23日の英国民投票で、残留決定の結果が出るまで、日経平均の上値は重い可能性もあります。

(1)先週の日経平均は、三角もち合いを下放れる

日経平均週足:2016年1月4日 - 6月17日

(注:楽天証券マーケットスピードより筆者作成)

上の週足を見ていただくとわかる通り、日経平均は三角もち合いから下に放れました。13・26週移動平均線ともに下向きとなっており、短期的に下値リスクが高まったかたちに見えます。

ただし、私は、今週の日経平均は、反発して始まる可能性があると考えています。英世論調査で、EU残留派が離脱派を再び上回ったことから、英国のEU離脱リスクから下がったとして欧米株式がいったん買い戻される可能性があるからです。ただし、残留派が上回ったとはいっても僅差であり、国民投票の結果はまだ予断を許しません。

英国の世論調査会社の1つ、サーベイション社が17日と18日に行った調査では、残留派が45%、離脱派が42%で、残留派が3ポイント上回りました。これは、EUへの残留を呼び掛けて活動していた女性議員が男に殺害された16日の後、最初に行った世論調査であるので、注目されていました。事件の影響で、残留派が勢いを盛り返したことがわかります。サーベイション社が事件前に行った世論調査では、残留派が42%、離脱派が45%で、離脱派が上回っていました。

6月12日に米フロリダ州で、移民2世のイスラム教徒が起こした銃乱射事件で49人が死亡したニュースが伝わった時は、EU離脱派が勢いを得ました。テロが起こるたびに、反移民感情が欧米に広がるからです。EU離脱派は、「EUから入ってくる移民を規制できず、移民の流入が年30万人に及んでいること」を、EUから離脱するべきとする重要な理由としているからです。

(2)反発しても、日経平均の上値は当面重い

日経平均の動きに一番影響を与えているのは、為替です。先週は、①米利上げなし、②日銀追加緩和なしに加えて、③英国のEU離脱が決まる可能性が高いというムードの中で、一時1ドル103円台まで円高が進みました。

英国で16日、残留派の女性議員が殺害される事件が起きてから、17日には、英ポンドが上昇し、1ドル104円台に円安が進みました。この時点で、英国のEU離脱のリスクが低下したことを、すでに織り込み始めていたといえます。今日、どこまでドル円が円安に戻るか、注目されます。米利上げなし、日銀追加緩和なしの事実は変わらないので、英国のEU離脱リスクがやや低下しただけでは、大幅な円安には戻らないかもしれません。そうなると、日経平均はいったん反発しても、その後、上値が重くなる可能性があります。

(3)今週の最大の注目は、6月23日(木)の英国民投票が出る6月24日(金)

開票状況が、日本時間で24日(金)に出てくると考えられます。24日(金)の東京時間で、英国民投票の大勢が判明すれば、それに反応して株・為替が大きく動く可能性もあり、注目されます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいEU残留派が離脱派を再び上回る英世論調査

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

EU残留派が離脱派を再び上回る英世論調査

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。