facebook twitter
米FOMCは利上げなし日銀はどう動く?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

米FOMCは利上げなし日銀はどう動く?

2016/6/16
15日の日経平均は、60円高の15,919円でした。BREXIT(ブレグジット:イギリスのEU離脱)リスクが高まったことを嫌気して、朝方106円安の15,752円まで下がりましたが、その後、売られ過ぎと見た国内投資家の買いが入って、上昇に転じました。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

15日の日経平均は、60円高の15,919円でした。BREXIT(ブレグジット:イギリスのEU離脱)リスクが高まったことを嫌気して、朝方106円安の15,752円まで下がりましたが、その後、売られ過ぎと見た国内投資家の買いが入って、上昇に転じました。

最近、「ブレグジットが起こると世界恐慌になる」と危機をあおるレポートを目にしますが、それは極論に過ぎると思います。ブレグジットで、英国・EUがダメージを受け、世界経済にも影響が及ぶのは避けられませんが、世界恐慌を招くほどの問題とは考えていません。日本株も売られ過ぎの域に入りつつあると考えています。

ただし、円高リスクには注意が必要です。日本株にとって一番重要なのは、どこまで円高が進むかです。1ドル100~105円に円高が進むと、日経平均が15,000円まで下がるリスクはあります。6月は事前予想通り、米利上げはありませんでした。年内米利上げがまったく実施できないと、円高がさらに進むリスクがあります。

16日の午前6時現在、為替は1ドル106.02円、CME日経平均先物(9月限)は15,865円でした。

(1)6月は事前予想通り、米利上げはありませんでした

日本時間で今朝、米FOMC(金融政策決定会合)の結果が発表されました。事前予想通り、利上げはありませんでした。6月3日発表の5月米雇用統計がネガティブ・サプライズだった時点で、6月の利上げはないと思われていました。その後、ブレグジット懸念で、世界的に株が下がっていますので、6月利上げはますますやりにくくなっていました。

利上げがなかったこと自体は事前予想通りでしたが、FOMC声明で先行きの金利見通しが引き下げられたため、一時1ドル105.43円まで円高が進みましたが、その後、イエレンFRB議長の「7月利上げも不可能ではない」との発言が伝わると、ドル買いが強まり、一時106.39円まで円安が進みました。ただ、現在の世界情勢を鑑みると、7月利上げも難しいとの見方もあり、結局、1ドル106円前後と、元の水準に戻りました。

(2)今日の昼発表の、日銀金融政策決定会合の結果に注目

市場予想では「追加緩和なし」が大勢ですが、一部に追加緩和実施の予想も残っています。追加緩和があってもなくても、為替や株になんらかの影響が及ぶ可能性はあります。これまで日銀は、緩和期待がない時に緩和し、緩和期待がある時に緩和しない、サプライズ型の金融政策を続けてきたので、事前に結果を予想することが難しくなっています。

私は、以下のどちらかと予想しています。

  • 追加緩和なしと発表した後、黒田総裁が「必要になれば躊躇無く緩和する」との従来の発言を繰り返す。
  • 小手先の緩和策を出す。ETFの買い取り額の小幅増加や、金融機関へのマイナス金利融資の実施などが考えられます。大規模緩和とは言えないので、市場へのインパクトは限られるでしょう。ただし、何もしないというゼロ回答を避けた上で、「必要になれば、さらなる追加策を躊躇無く行う」と力強く語れば、先行きの緩和期待は残せるかもしれません。

(3)円高リスクへの警戒は続く

「米利上げなし・日銀の追加緩和なし・ブレグジット実現」と6月に3つ円高(ドル安)材料が揃ったとき、どこまで円高が進むか、注意深く見ておく必要があります。

ただし、私は、ブレグジットのリスクを世界の金融市場は織り込みつつあると考えています。ブレグジットが実現してもしなくても、イベントを通過すれば、世界の金融市場は落ち着くと見ています。

日本経済にとって、ブレグジットそのものが直接及ぼす影響を過大視すべきではないと思います。ブレグジットが実現すると、英国に作った日本企業の工場から、対EUで輸出する際に、関税をかけられるリスクが発生します。これは、大きな問題です。ただし、なんらかの形で、救済策が施される可能性もあります。現時点で、ブレグジット後にイギリスとEUとの関係がどう変わるか予想するのは困難ですが、単純に今イギリスが持っている特典がすべて白紙になるというわけでは、ありません。

具体的に言えば、EU脱退後も、イギリスが一定条件をのめば、EUとの貿易で「関税なし」の恩典が残る可能性もあります。交渉は簡単ではありませんが、イギリスとEUが、お互いのダメージを最小にするために、交渉して決めることです。

EUにとって一番恐ろしいのは、EU加盟国がイギリスに倣って次々と脱退に動くことです。イギリスと同様に、資金面でEUを支えているフランスやオランダの世論がどう傾くかが懸念されます。イギリスがEU脱退後も、なんのペナルティーもなく、EUとの貿易特権を維持できると、脱退連鎖を誘発することになりかねません。

さまざまな思惑をかかえたまま、イギリスとEUは難しい交渉を行うことになります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米FOMCは利上げなし日銀はどう動く?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米FOMCは利上げなし日銀はどう動く?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。