facebook twitter
決算まとめ今期は輸出企業と金融業の減益幅が大きい
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

決算まとめ今期は輸出企業と金融業の減益幅が大きい

2016/5/17
16日の日経平均は54円高の16,466円でした。一時220円高の16,632円まで上昇しましたが、引けにかけて上げ幅を縮小しました。
facebook twitter メールで送る 印刷

16日の日経平均は54円高の16,466円でした。一時220円高の16,632円まで上昇しましたが、引けにかけて上げ幅を縮小しました。昨年10月以降、日本の景気・企業業績にブレーキがかかっていることが明らかになりつつあり、上値の重い展開が続いています。

今日は、16日で発表が完了した3月決算のまとめを書きます。

(1)今期は金融を除けば小幅増益、金融を含めると小幅減益の見通し

東証一部3月期決算企業の今期(2017年3月期)経常利益(会社予想)の前年比増減益率

集計対象 今期経常利益(前年比)
金融を除く1247社 +1.0%
金融を含む1357社 ▲1.6%
金融107社 ▲11.0%

(注:連結経常利益(米国基準・IFRS採用企業は連結税前利益)の会社予想を集計。三菱商事・三菱UFJ FG・みずほFGは、連結純利益の会社予想から連結経常利益を推定。楽天証券経済研究所が集計)

金融を除けば、わずかに経常増益の予想となるが、金融を含むと減益予想となります。金融業の予想減益額が大きいからです。マイナス金利のマイナス影響などが現れています。また、今期は、円高による輸出企業の減益予想額も大きくなっています。

(2)円高が輸出企業の今期業績の足を引っ張る

円高による今期経常減益予想額が大きい輸出企業

(金額単位:億円)

No コード 銘柄名 前期実績 今期予想 減益額 円高影響 前 提
1 7203 トヨタ自動車 29,834 19,000 ▲ 10,834 ▲ 9,350 105円/ドル
2 7270 富士重工業 5,770 4,200 ▲ 1,570 ▲ 1,686 105円/ドル
3 7201 日産自動車 8,623 8,000 ▲ 623 ▲ 2,550 105円/ドル
4 6301 小松製作所 2,049 1,450 ▲ 599 ▲ 320 105円/ドル
5 7261 マツダ 2,236 1,760 ▲ 476 ▲ 810 110円/ドル

(出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成)

前期(2016年3月期)は、円安が増益要因となりました。1-3月から円高が進んでいましたが、それ以前(2015年4-12月)に、十分に円安で恩恵を受けていました。今期(2017年3月期)は、円高がフルに効くために、日本企業の業績を悪化させます。自動車で特に影響が大きくなります。

ただ、減益予想額が大きいことが、必ずしも ビジネスが不振を意味するわけではありません。トヨタ・富士重工・日産自動車・マツダは、今期は世界の自動車販売台数が、順調に拡大する計画です。特に富士重工・マツダの車は、海外で人気車種となっており、円高がなければ、今期も順調に最高益を更新する見込みになっていたと思われます。

小松製作所は、円高がマイナスですが、鉱山機械の販売不振の影響も続きます。小松は円高がなくても、減益予想となっていました。

販売が順調に拡大する見通しの富士重工やマツダは、円高が一服するタイミングでは、買っていけると考えています。円高に加えて、販売も不振が続く小松製作所は、当分、投資対象としての魅力は高まらないと考えています。

(3)金融業が大幅減益予想となっている理由

今期経常減益予想額が大きい金融株

(金額単位:億円)

No コード 銘柄名 前期実績 今期予想 減益額
1 8306 三菱UFJ FG 15,395 13,200 ▲ 2,195
2 8411 みずほFG 9,975 8,100 ▲ 1,875
3 7181 かんぽ生命保険 4,115 3,100 ▲ 1,015
4 7182 ゆうちょ銀行 4,820 4,200 ▲ 620
5 8309 三井住友トラストHLDG 2,781 2,550 ▲ 231

(出所:三菱UFJとみずほは楽天証券経済研究所の推定、他は会社予想)

金融業は、例年、期初は、減益で予想を出すことが多くなっています。例年、株式や債券の売却益が、経常利益を押し上げていますが、期初の予想では、株式や債券の売却益を見込まないことが多いからです。

今年は、それに加えて、マイナス金利の影響も、金融業の業績の足を引っ張ります。かんぽ生命とゆうちょ銀行は、これまで収益の大半を国債運用益に依存してきましたので、長期国債の利回りがマイナスになった影響を受けて、減益が続く見通しとなっています。

ただし、期の途中で、金融業の利益は上方修正されていくと見込みます。今年も、株や債券の売却益が出ると考えられるからです。

長期国債の利回りがマイナスになった影響で、金融各社は保有する国内債券に、大きな含み益が生じています。日銀の買い取りに対応して、債券を売却すれば、売却益がかなり出ます。

ゆうちょ銀行では、3月末時点で、保有する有価証券に4兆1,864億円の評価益(税効果前・ヘッジ考慮後)があります。主な内訳は、国債の評価益が1兆7,447億円、外国債券の評価益が1兆9,678億円です。債券売却益を出せば、今期の見かけ上の利益を押し上げることは、いくらでもできる状態です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
投資の失敗
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください決算まとめ今期は輸出企業と金融業の減益幅が大きい

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

決算まとめ今期は輸出企業と金融業の減益幅が大きい

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
投資ワクワク
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
老後破綻
 
年末高
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。