お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
止まらない円高介入の思惑をめぐって駆け引き続く
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

止まらない円高介入の思惑をめぐって駆け引き続く

2016/4/8
7日の日経平均は前日比34円高の15,749円でした。1ドル109円を割れ、一時108.78円まで円高が進んだのを受けて、下落する場面もありましたが、円高の影響を受けにくい内需株に買いが入り、小反発で引けました。
facebook twitter 印刷する

7日の日経平均は前日比34円高の15,749円でした。1ドル109円を割れ、一時108.78円まで円高が進んだのを受けて、下落する場面もありましたが、円高の影響を受けにくい内需株に買いが入り、小反発で引けました。

ただし、その後、さらに円高が進んでいます。7日の日本時間22時35分には1ドル107.92円まで円高が進みました。8日の日本時間午前7時には、1ドル108.26円となっています。7日のCME日経平均先物(6月限)は15,445円に下がりました。今日の日経平均も大きく下がりそうです。

今日は、ここまで円高が進んできた背景の説明と、今後の為替の動きについての考え方を書きます。

(1) 為替ディーラーの間で日銀の為替介入があるかないかが話題に

米FRBが利上げを見送った3月15日から円高トライが始まりました。FOMCメンバーによる年内の利上げ回数予測が4回(1%)から2回(0.5%)に下がったことが材料視され、為替ディーラーは、当分米利上げは難しいと踏んで、円の上値を試す動きに出ました。円ロング(買いポジション)を膨らませ、円高で稼ごうと虎視眈々と狙い始めました。

ドル円為替レートの動き:2016年1月1日―4月7日(日本時間22時35分まで)

そんな円ロング筋が一番気にしていたのが、日銀による円売り介入です。過去、円が急激に上昇した時、しばしば日銀は円売り介入を行ってきました。介入直後に、短期的に1~2円も円安に飛ぶことがあり、円ロング筋に日銀は怖い存在です。近年、日銀による為替介入は行われていませんが、いつまた介入が復活するかビクビクしているところでした。

(2)日銀が為替介入しないことを確認しつつ、円買い圧力を強めた投機筋

ただし、日銀が今、露骨に為替介入しにくい状態にあることを、円ロング筋は見透かしてもいました。2月のG20では、日本を名指しすることはありませんでしたが、「通貨安競争は望ましくない」と暗に日本や欧州の通貨安政策を批判する議論が行われました。

米国は、公式に日本の為替政策を批判してはいませんが、大統領選の予備選挙で、共和党候補のドナルド・トランプ氏が、日本を為替操作国として強く非難しています。トランプ氏の人気を意識して、民主党の有力候補のクリントン氏も、日本の為替操作を批判する発言をし始めています。そんな中、日銀が円売り介入をやれば、トランプ氏の思うツボです。「貿易で米国の雇用を奪っている日本をたたく」とさらに発言をエスカレートさせることになるでしょう。

(3)日銀はレート・チェックの奇手で、円買いをけん制

日銀は、マイナス金利まで導入したのに、円高が進んでいくことを、苦々しく思っていると思われます。3月17日にはレート・チェック【注】で、投機筋をけん制する手段に出ました。

【注】レート・チェック:日銀が、民間銀行の為替部門担当者に、為替レートの水準がいくらか問い合わせるとともに、為替市場の状況をヒアリングすること。かつて、日銀が為替介入を積極的にやっていた時、介入を行う前にレート・チェックを行うことが多かった。その頃の連想から、レート・チェックが入ったとの噂が広がると、円ロング・ポジションを閉じるディーラーが増える。

日銀は、為替介入をする予定がないのに、わざとレート・チェックだけする奇手で、3月17日は、1ドル110.62円まで進んでいた円高を食い止めました。その後、米要人から利上げに前向きな発言が出たこともあって、3月後半に1ドル114円の手前まで円安に戻すことができました。しかし、その後、米FRBイエレン議長から「利上げに慎重」とのハト派発言が出て、再び、円高を試す動きが出ました。為替介入にびくびくしながら、円を買っていく動きが続きました。

(4)安倍発言でさらに円高に

そのような中、5日には訪米中の安倍首相が、米国ウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューに答えて、「恣意的な為替市場への介入は慎まなければならない」と話したとの報道が出ました。この報道をきっかけに、さらに円高が進みました。

こうして円高が加速するに至り、今度は、政府筋から円高けん制発言が出始めました。菅官房長官は7日午前の会見で、円高が加速していることに対し、「場合によっては必要な措置を取りたい」と介入を辞さない姿勢を示しました。財務省幹部も、足元の円高水準は一方に偏った動きだとし、必要な措置を取る可能性を示唆しています。

ところが投機筋は、日銀も政府筋も、口先介入だけと踏んで、今のところ、円の上値を試す動きをやめていません。

(5)米FRBによる6月利上げの思惑が広がれば円安に

日銀が円売り介入を実行すれば、一時的に円安に戻るでしょう。ただし、介入がなければ、4月中は、円高圧力が続く可能性もあります。

為替のトレンドが変わるためには、米FRBによる利上げの話しが蒸し返す必要があります。米コア・インフレ率が2%台に高止まりし、米景気が堅調を維持すれば、いずれ6月利上げの思惑が出る可能性があります。5月には、6月米利上げの思惑が広がって、円安になることを想定しています。

当分、為替介入の有無と、米利上げ思惑の復活があるかないか、慎重に見極める必要があります。円安に大きく反転する局面があれば、そこで、日経平均も反発すると思います。予断を持たず、為替の動きをしっかりチェックしていこうと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください止まらない円高介入の思惑をめぐって駆け引き続く

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

止まらない円高介入の思惑をめぐって駆け引き続く

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。