facebook twitter
日本株の妥当PERは何倍か?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

日本株の妥当PERは何倍か?

2016/2/26
25日の日経平均は224円高の16,140円でした。前日の海外市場で一時1ドル111円まで円高が進み、不安が高まりましたが、25日の東京市場では1ドル112円台半ばに戻りました。
facebook twitter メールで送る 印刷

25日の日経平均は224円高の16,140円でした。前日の海外市場で一時1ドル111円まで円高が進み、不安が高まりましたが、25日の東京市場では1ドル112円台半ばに戻りました。為替が円安に向かうにしたがって、日経平均も徐々に上昇幅を広げていきました。

26日日本時間午前6時現在では、1ドル112.93円です。

さて、2月24日のレポートで日経平均の年末予想レンジを、18,000―21,000円に変更したことをお伝えしましたが、今日はその補足説明を行います。

(1)年末の日経平均予想

  年末予想 PER評価
メイン・シナリオ 21,000円 16.8倍
リスク・シナリオ 18,000円 14.4倍

(出所:楽天証券経済研究所)

日経平均の予想値を決める際、楽天証券経済研究所では、まず企業業績(利益)の変化を予想します。次に、予想利益の何倍まで株価が買われるかを予想します。現在、日経平均に換算した1株当たり利益を、来期(2017年3月期)1,250円と予想しています。1,250円に、妥当と考えられるPER16.8倍を掛けたのが、メインシナリオでの日経平均予想21,000円です(1,250円×16.8倍=21,000円)。

リスク・シナリオでは、利益の14.4倍までしか日経平均が上昇しないケースを想定しています。1,250円にPER14.4倍を掛けたものが、リスク・シナリオの日経平均予想18,000円です(1,250円×14.4倍=18,000円)。

株価が1株当たり利益の何倍まで買われているか示す指標を、PER(株価収益率)といいます。「ピー・イー・アール」または「パー」と読みます。

今日は、日経平均の妥当PERが14.4~16.8倍と考えている理由について書きます。

(2)東証株価指数(TOPIX)のPER

今の妥当PERを考える時、参考になるのが、過去のPERです。東証一部(TOPIX)の過去の予想PERを、大まかにまとめたのが、以下の表です。

TOPIXの予想PER、年代別のザックリした範囲

TOPIX予想PER
2011-2016 15-17倍
2004-2010 20倍
2001-2003 25-40倍
2000 50倍
1996-1999 60-70倍

(注:赤字などPERが異常値のところは除く。楽天証券経済研究所が作成)

この表を見るとわかる通り、日本株(TOPIX)のPERは、過去は高かったが、最近、どんどん低くなっています。一般的に、PERは成長性が高い株ほど高くなります。また、利益の安定性も高い株ほどPERが高くなります。

日本株(TOPIX)のPERは、バブルのピーク(1989年)ころは、60倍くらいでした。当時、日本経済の成長性が高いと信じられていたから、日本株はPERで高いところまで買われていました。年を経るにしたがって、少子化が進む日本の成長性が低いという認識が広がり、PER水準は低下していきました。

リーマンショック前はそれでも、PERで20倍程度には評価されていました。中国・ブラジル・インド・ロシアなどが高成長国だと思われていたころであり、日本でも新興国向けビジネスに成長性があると考えられていた時です。

リーマンショック後、中国および新興国の成長神話も崩壊しました。日本企業も、その影響を受けて、成長性が低下してきています。そうした背景があって、近年は、PER15-17倍で評価されていました。

楽天証券経済研究所で、日経平均予想に使う妥当PERを14.4倍~16.8倍としているのは、リーマンショック後の日本株が概ねその範囲で評価されてきたからです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日本株の妥当PERは何倍か?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日本株の妥当PERは何倍か?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。