facebook twitter
円高リスクに注意
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

円高リスクに注意

2015/9/4
3日の日経平均は86円高の18,182円でした。「日本株は買い場」の判断を継続します。
facebook twitter メールで送る 印刷

3日の日経平均は86円高の18,182円でした。「日本株は買い場」の判断を継続します。ただし、中国経済への不安、米国FRB(中央銀行)による利上げへの不安があるため、今は上値の重い展開が続いています。

米FRBが利上げを判断する上で重視しているのは、米国の雇用情勢です。そのため本日(日本時間21時30分)米国で発表予定の8月の雇用統計に市場の注目が集まっています。

雇用統計が強いと、9月利上げの思惑が広がる可能性もあります。弱めの数字だと、世界景気に不安材料が増えていることもあり、利上げは当面ないという見通しが広がる可能性があります。年内の米利上げがないとの見方が広がれば世界の株式市場にプラスですが、為替市場で円高(ドル安)が進む可能性があることには、注意が必要です。

(1)日米長期金利差で見ると、円安(ドル高)はやや行き過ぎ

日本が異次元金融緩和を続けているのに対し、アメリカは年内に利上げを実施する方針を示しています。日本は緩和、アメリカは引き締め方向という、金融政策の方向性の違いが、これまで為替市場で円安(ドル高)が進む根拠とされてきました。

日米長期金利、長期金利差、ドル円為替レートの推移:2011年9月末―2015年9月3日

(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

ところが、アメリカの長期金利は、FRBが利上げ方針を示しているにもかかわらず、2014年以降は上昇していません。むしろ、低下傾向にあります。そのため、2014年以降は、日米長期金利差は拡大していません。

日米長期金利差と、ドル円為替レートの推移:2011年9月末―2015年9月3日

(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

2013年は、日米長期金利差の拡大にともなって円安(ドル高)が進んでいましたが、2014年以降は、日米長期金利差が縮小しているにもかかわらず、円安(ドル高)が進んでいます。結果的に、日米長期金利差から見ると、円安(ドル高)は進み過ぎと見えます。

別の見方をすれば、ドル円為替レートは、米利上げによる将来の米長期金利上昇を先に織り込んで、円安(ドル高)が進んできたと言えます。市場の思惑通り、今後米FRBが利上げを何回も実施して、米長期金利が上昇していけばこれまでの円安(ドル高)は正当化されます。一方、米FRBの利上げが当分ないと見られる場合には、円高(ドル安)が進む可能性もあります。

(2)購買力平価から見ると、円安はやや行き過ぎ

ドル円為替、購買力平価と実際のレート推移:2007年1月1日―2015年9月3日

出所:購買力平価(企業物価)は公益財団法人国際通貨研究所

ドル円為替レートは、長期的には購買力平価(企業物価)を中心にプラスマイナス20~30%の範囲で動いています。公益財団法人国際通貨研究所によると、2015年6月時点の購買力平価(企業物価)は、1ドル99.04円です。現在の為替レートは、そこから21.5%円安の水準にあります。

(3)当面1ドル115-123円の範囲で推移か

米景気が好調で、米FRBが利上げ方針を維持する限り、9月の利上げが見送られても大幅な円高(ドル安)が進む可能性は低いと考えます。当面、為替は1ドル115-123円の範囲で推移すると予想しています。

なお、前年度(2015年3月期)の平均為替レートは、1ドル109.91円ですから、今後、為替が1ドル115-123円の範囲で推移したとしても、日本企業は今期(2016年3月期)、大幅な円安メリットを享受することができます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください円高リスクに注意

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

円高リスクに注意

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。