facebook twitter
楽天証券スーパースクリーナーを使った銘柄選択
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

楽天証券スーパースクリーナーを使った銘柄選択

2015/7/1
30日の日経平均は、125円高の20,235円と反発しました。ギリシャが、6月末期限のIMFへの融資返済ができなかったことは「織り込み済み」と考えられます。次の注目は、7月5日のギリシャ国民投票です。そこでギリシャがEUの要求する緊縮策を受け入れるか拒否するか決まります。拒否すればギリシャはユーロ離脱を余儀なくされるでしょう。ギリシャ問題の結末が決まるまで、欧米株式は不安定な動きが続きそうです。
facebook twitter メールで送る 印刷

30日の日経平均は、125円高の20,235円と反発しました。ギリシャが、6月末期限のIMFへの融資返済ができなかったことは「織り込み済み」と考えられます。次の注目は、7月5日のギリシャ国民投票です。そこでギリシャがEUの要求する緊縮策を受け入れるか拒否するか決まります。拒否すればギリシャはユーロ離脱を余儀なくされるでしょう。ギリシャ問題の結末が決まるまで、欧米株式は不安定な動きが続きそうです。

日本株は買い場との判断を継続しますが、すぐに上昇トレンドに戻るとは考えにくいところです。このような局面では、まず大型の割安株から買っていくべきと考えています。今日は、楽天証券スーパースクリーナーを使った銘柄選択の例をご紹介します。

スーパースクリーナーへの行き方

  • 楽天証券のウェブサイトへログイン
  • 国内株式のタブをクリック
  • スーパースクリーナータブをクリック

(1)スーパースクリーナーを使った銘柄選択例

スクリーニング条件

  • コンセンサス・レーティング3.5以上
  • 配当利回り(予想)2.7%以上
  • 時価総額3,000億円以上

スクリーニング結果

(2)コンセンサス・レーティングは重要

上記は、3つのスクリーニング条件から選んだ14銘柄です。私が、3つの条件を選んだ理由を以下に記載します。

  • コンセンサス・レーティング3.5以上

これは、とても重要です。それぞれの銘柄について、多数のアナリストが「買い」「売り」「中立」などの推奨レーティングをつけています。その推奨の平均値をとったものが、コンセンサス・レーティングです。

まず、どのようにレーティングを計算するか説明します。1つの例で説明します。アナリストの推奨レーティングは通常、以下のように分布しています。

レーティング分布

上記の銘柄では、さまざまな証券会社に所属する13人のアナリストがレーティングをつけています。7人が「強気(または買い)」、2人が「やや強気」、3人が「中立」、1人が「弱気(または売り)」と判断しています。

コンセンサス・レーティングを計算する際、まずアナリストの推奨をスコア(数値)に換算します。強気は5、やや強気は4、中立は3、やや弱気は2、弱気は1として、平均値を計算します。上記銘柄について計算すると、以下の通り、約4.1となります。

(5点×7人)+(4点×2人)+(3点×3人)+(1点×1人)=53点  53点÷13人=平均4.08

証券会社のアナリストは、通常、IR担当者や経営陣を取材してディスカッションした上で、レーティングを決めています。アナリストが現在、この銘柄をどう見ているか知ることは大切です。ただし、1人のアナリストの意見だけ見ても十分とはいえません。そのアナリストの意見が片寄ったものかもしれないからです。多数のアナリストの意見を一覧して、その銘柄がどう見られているのか参考にすることが大切です。

コンセンサス・レーティングが3(中立)以下の銘柄には、株価に織り込まれていない悪材料がある場合もあります。そこで私は、今回のスクリーニングではレーティング3.5以上を条件としました。

  • 予想配当利回り2.7%以上

日経平均は買い場だと考えていますが、短期的にはまだ波乱含みです。こんな時は、まず割安な優良株から買っていくのがいいと考えています。予想配当利回りが高いということは、株価が割安である可能性が高いことを意味します。人気が過熱して株価が上昇している株は、配当利回りが低くなります。好配当利回りのスクリーニングで出てくる銘柄は、現時点で、株価が過熱している銘柄ではないと言えます。

  • 時価総額3,000億円以上

日経平均が急落した時、最初に押し目買いを入れるのは、時価総額が大きい株が良いと考えています。日経平均が下落から上昇に転じる初期は、大型株の上昇率が高くなる傾向があるからです。もちろん、成長性を期待する小型株への投資も魅力はありますが、ここでは時価総額の大きい株から選ぶこととしました。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください楽天証券スーパースクリーナーを使った銘柄選択

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

楽天証券スーパースクリーナーを使った銘柄選択

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。