お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
値動きの荒い小型株投資ではテクニカル分析が大切
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

値動きの荒い小型株投資ではテクニカル分析が大切

2015/6/5
4日の日経平均は、14円高の20,488円でした。上下とも動きにくい展開です。日本の景気・企業業績に回復色が強まっており、下値は堅くなっています。
facebook twitter 印刷する

4日の日経平均は、14円高の20,488円でした。上下とも動きにくい展開です。日本の景気・企業業績に回復色が強まっており、下値は堅くなっています。

ところが、米景気が想定外に失速する中で、米FRBは年内利上げの方針を崩していないことから、米国株の上値は重くなっています。今晩ニューヨークで、5月の米雇用統計が発表されます。米景気動向に、引き続き注目です。

今日は、小型成長株投資を行うときに注意すべき点について書きます。

(1) 株の動きは、短期は需給、長期はファンダメンタル(企業業績)で決まります

値動きの荒い小型株投資では、チャートをしっかり見ておく必要があります。需給悪化(売りたい人が増えて買いたい人が減っている状況)が、いち早くチャートに現れることがあるからです。最高益を更新中の成長株であっても、チャートが崩れてきた時は、一度売った方が得策です。

上の図は、小型成長株の値動きが荒くなる場面のイメージ図です。ここで示したように、たとえ業績は安定的に成長していても、株価は安定的に上昇するとは限りません。

バイオ関連とか、ロボット関連とか、インバウンド(訪日外国人観光客)関連などと、成長テーマに乗って熱狂的に買い上げられると、その後、人気が冷めたときに、暴落することがあります。

株価が急騰している間は、いくら利益成長力から見て買われ過ぎと思っても、上昇は簡単には止まりません。勢いよく上がっている際に空売り【注】をしかけると、踏み上げられて損切りの買戻しを迫られることになりかねません。

【注】空売り:信用取引口座で、保有していない株を売り、株価が下がった時に買い戻して利益を得ることを目指す取引。空売り後に株価が上昇したところで買い戻すと、損失が出る。

ところが、ひとたび、株価が急落を始めると、今度は安定的に最高益を更新している成長株であっても、株価の下落は簡単には止まりません。「最高益を更新している成長株なのに」といって損切りを躊躇しているうちに、損失が拡大することもあります。

(2)テクニカル分析を軽視してはならない

値動きの荒い小型株の売買に、テクニカル分析は欠かせません。私は25年間、日本株のファンドマネージャーをやっていました。原則、毎週土曜日に、全産業の主要銘柄のチャート(週足)を見るようにしていました。そこで、個別銘柄のチャート判断をざっくり以下の5段階で評価していました。

◎(強い買い)、○(弱い買い)、△(中立)、△×(弱い売り)、×(強い売り)。

強い売買シグナルが出ている銘柄は、積極的に動くことにしていました。

もちろん、株の長期投資の判断にはファンダメンタル(企業業績)分析が欠かせません。原則、景気1サイクル(景気拡大と悪化の両方を含む3~5年の期間)をイメージして、最終的に業績が伸びていくと考える銘柄を選びます。

ただし、たとえ長期的に業績が伸びる銘柄を選択しても、株価は短期的にはしばしば、長期の業績トレンドを無視して動くことを忘れてはいけません。テクニカル分析で短期投資判断をしながら、ファンダメンタル(企業業績)分析で長期投資判断をすることが大切です。

値動きが大きくない大型株ではテクニカル分析の必要性はやや低下しますが、値動きの荒い小型成長株では特に、常にチャートを見ながらテクニカル指標に変化が起きていないか見ていくことが必要です。

具体的にどんなテクニカル指標を見たらよいか?本欄でも機会を見つけて書いていこうと思いますが、ご興味のある方は、以下の私の著書にて勉強していただくこともできます。

初心者には「超入門!株式投資力トレーニング」(日本経済新聞出版社)、上級者には「投資脳を鍛える!株の実戦トレーニング」(日本経済新聞出版社)をお勧めします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください値動きの荒い小型株投資ではテクニカル分析が大切

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

値動きの荒い小型株投資ではテクニカル分析が大切

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。