お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
バリュー株を見直す流れ
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

バリュー株を見直す流れ

2015/4/24
23日の日経平均は53円高の20,187円でした。外国人投資家の買いが続いている模様です。
facebook twitter 印刷する

23日の日経平均は53円高の20,187円でした。外国人投資家の買いが続いている模様です。上昇ピッチの速さに警戒感がありますが、原油安・円安の恩恵を受ける日本の企業業績の回復期待を背景に、外国人は日本株の組み入れを増やしつつあるようです。

最近、注目できるのは、配当利回りやPER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)などの株価指標で見たバリュー(割安)株を見直す流れが出ていることです。しばらくこの流れが続くと予想されます。

(1)日本たばこ産業(2914)が急騰

23日の東京株式市場で、日本たばこ産業(2914)が前日比5%高と急騰しました。日本たばこ産業(2914)は、23日時点で配当利回りが2.4%と魅力的な水準にあります。増配や自社株買いに積極的で、今期は上限1,000億円の自社株買いを発表しています。株主還元姿勢について、日本たばこ産業(2914)、日本電信電話(9432)、NTTドコモ(9437)など、国が直接または間接に大株主となっている企業は、いずれも積極的です。国が大株主として、しっかり利益配分を行うように監視していると考えています。

日本たばこ産業(2914)は昨年パフォーマンスが不振で、株価には出遅れ感がありました。株式市場で「ロシア関連株」と見られていることがパフォーマンス不振の原因でした。昨年は、ロシア経済が急速に悪化する中で通貨ルーブルが急落しました。日本たばこ産業(2914)はロシアで高い利益をあげているので、ルーブル建ての利益を円に換算する際に、目減りすることが嫌気されました。ただし、ロシアを除けば、順調に海外で利益を拡大させている状況は変わりません。

最近、通貨ルーブルが急速にリバウンドしていることがきっかけとなり、23日は日本たばこ産業(2914)の値上がり率が高くなりました。日経平均の上昇ピッチが速い中、出遅れの安定高収益株を探す流れにも乗っていると考えています。

 

ロシア・ルーブルの対米ドル為替レート推移:2012年12月末~2015年4月23日

日本たばこ産業(2914)は、3月末で飲料事業から撤退するなど、高収益でも事業の構造改革に手を緩めません。飲料事業では「桃の天然水」「ルーツ」などのヒット商品を出し、長年にわたって利益を稼いできましたが、直近2期は赤字でした。国内の飲料市場に成長が見込めない中、今後さらなる競争激化が見込まれるため、撤退を決断しました。医薬事業も赤字が続いていますが、こちらは早ければ2016年度に黒字が見込め、事業を継続します。

(2)大手銀行株は典型的なバリュー株

最近、3メガ銀行の株価上昇が目立ちます。3メガ銀行は、配当利回り・PER・PBRなどの株価指標で見て、割安です。バリュー株を見直す流れに乗っていると考えています。

 

大手銀行の株価バリュエーション:4月23日時点

コード 銘柄名 4月23日株価 配当利回り PER:倍 PBR:倍
8306 三菱UFJ FG 861.7円 2.1% 12.7 0.90
8316 三井住友FG 5219.0円 2.5% 10.1 0.89
8411 みずほFG 232.2円 3.0% 10.4 0.80

(注:楽天証券経済研究所が作成)

配当利回りを見ると、東証株価指数(東証一部平均)が1.6%ですが、大手銀行は2~3%とそれを上回る水準です。

次に、PER(ピーイーアールまたはパーと読みます)を見てください。これは、株価が1株当たり利益の何倍になっているかを示すものです。倍率が低いほど、株価は収益価値に対して割安ということになります。東証株価指数のPERは約19倍ですが、大手銀行株は10~12倍台と割安です。

次に、PBR(ピービーアールと読みます)を見てください。これは、株価が1株当たり純資産の何倍になっているかを示すものです。倍率が低いほど、株価は資産価値に対して割安ということになります。東証株価指数のPBR1.6倍に対し、大手銀行株は0.8~0.9倍と1倍を割り込んでいます。

こうして見てみると、大手銀行株は、配当利回り・PER・PBRいずれで見ても、割安と言うことができます。

大手銀行株が割安に放置される理由は明らかです。成長性が低いことが不人気の理由と考えられます。ただし、私は、3メガ銀行に、新たな成長の芽が出てきたと考えています。以下2分野が、期待されます。

  • 海外事業を拡大:アジアの地場銀行への買収・出資を積極化して、海外での事業拡大をはかっています。
  • ノンバンク業務を拡大:証券・リース・消費者金融などノンバンク業務を拡大し、
    ユニバーサルバンクとして成長を目指しています。

ただし、銀行の成長は長期的にゆっくり進むもので、始まったばかりの新年度(2016年3月期)については、業績の伸びがあまり期待できません。

(3)原油関連株にも注目

23日の東京株式市場では、国際石油開発帝石(1605)、三菱商事(8058)、三井物産(8031)など原油・ガス資源関連株の上昇率も高くなりました。昨年、原油価格が急落した影響で、資源株の株価は軒並み不振でした。株価指標で見て割安な、バリュー株が多くなっています。

私は、アメリカのシェールオイルの生産がようやく減少し始めたことを受け、現在1バレル56ドル近辺にあるNY原油先物(期近)は、年後半に60ドル~70ドルへ上昇すると予想しています。

割安な原油関連株にも分散投資する価値はあると考えています。

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいバリュー株を見直す流れ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

バリュー株を見直す流れ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。