facebook twitter
SellinMay(5月に売り逃げ)は正しいか?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

SellinMay(5月に売り逃げ)は正しいか?

2015/4/21
20日の日経平均は18円安の19,634円でした。先週末(17日)のNYダウが279ドル安の17,826ドルであったことが嫌気されました。最近、NYダウに調整色が出つつあることを受けて、日経平均も上値が重くなっています。
facebook twitter メールで送る 印刷

20日の日経平均は18円安の19,634円でした。先週末(17日)のNYダウが279ドル安の17,826ドルであったことが嫌気されました。最近、NYダウに調整色が出つつあることを受けて、日経平均も上値が重くなっています。

ただし、20日のNYダウは、208ドル高の18,034ドルと反発しました。中国の追加金融緩和を好感しました。今日の日経平均は上昇して始まる見込みです。

(1)昨年4月に話題になった米国の相場格言「Sell in May and Go Away(5月に売り逃げ)」は、今年は当たるか?

2014年4月に、「5月に売り逃げ」が盛んに語られました。なぜかと言うと、2010~2013年までの4年間、NYダウはほぼ格言通り、5月に下がっていたからです。まず、それをグラフで見てみましょう。

NYダウ:2011年・2010年の動き

2010年・2011年は、2年続けて、5月にNYダウが下がりました。

NYダウ:2013年・2012年の動き

5月の下げが一番強烈であったのは、2012年です。4月まで世界中の株が一斉に上昇する強気相場が続いていましたが、5月になって当時米FRB議長であったバーナンキ氏が、「将来、金融緩和の縮小が必要になる」と発言すると、NYダウを含め世界中の株が暴落しました。「Sell in May」恐るべし、と世界中に印象つけました。

2013年は4月辺りから「Sell in May」が意識されて神経質な動きとなりましたが、5月前半まで株が下がらず「今年は大丈夫か」というムードになりかかったところで、5月後半からNYダウが大きく下がりました。「Sell in May」恐るべしの印象を強めました。

こうなると、「Sell in May」の話題性はとても高まります。2014年4月になると、5月に相場が下がって当然のようなムードが一時広がりました。その結果、どうなったのでしょうか?以下をご覧ください。

NYダウ:2014年と、2015年(4月20日まで)の動き

2014年5月のNYダウは、順調な上昇相場となりました。みんなが「Sell in May」を話題にして大騒ぎしたのに、見事に外れたので、「Sell in May」の権威は失墜しました。

そのおかげで、今年は4月になるのに、あまり「Sell in May」を話題にする人がいません。昨日のNYダウ反発で、底割れ懸念も一旦払しょくされました。それでも、私は今年の5月のNYダウは、上値の重い展開と思っています。足元の米企業業績のモメンタムが低下していること、今年後半にアメリカで利上げが見込まれることが、NYダウが上がりにくい環境を作っているからです。

(2)日本株投資への示唆

しばらくNYダウは、上値が重いままと考えています。NYダウの上値が重いと、日本株への外国人投資家の買いは一時的に減る可能性もあります。ただし、日本の景気・企業業績はこれから回復色が強まると考えています。もし5月に日本株が下がる局面があれば、そこは買い場となると判断しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいSellinMay(5月に売り逃げ)は正しいか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

SellinMay(5月に売り逃げ)は正しいか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。