お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
上昇ピッチがやや速すぎるが、日本株は割安と考えます
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

上昇ピッチがやや速すぎるが、日本株は割安と考えます

2015/3/26
3月26日時点で、長期金利(新発10年国債利回り)は0.3%です。これに対して、東証一部の配当利回り(加重平均)は1.6%です。
facebook twitter 印刷する

3月26日時点で、長期金利(新発10年国債利回り)は0.3%です。これに対して、東証一部の配当利回り(加重平均)は1.6%です。日本株の上昇ピッチが速く、「日本株はバブル」という人もいますが、私はそうは思いません。日本株はなお割安と考えます。

私は1,000兆円超の債務を抱えた日本国が、たった0.3%の利回りで10年国債が発行できることの方が異常と思います。日銀が大量に長期国債を買いつけるので、国債はこのような高値(低い利回り)が維持できていると思います。私は「日本株は割安で国債がバブル」と考えています。

(1)かつて長期金利5%の時、日本株配当利回りは1%もなかった

1993年にさかのぼると、長期国債が割安で、日本株は割高であったことが明らかです。当時は、長期金利は5%ありましたが、株の配当利回りは1%もありませんでした。

東証一部配当利回りと長期金利推移:1993年5月~2015年3月25日

(注:東証一部配当利回りは加重平均、長期金利は10年もの新発国債利回り、
楽天証券経済研究所が作成)

その後、長期金利がどんどん下がる中、東証一部の配当利回りは、じりじりと上昇が続きました。そして、今、東証一部の配当利回りは、長期金利を1%以上、上回る水準にあります。

(2)日経平均は、年末に21,000円に上昇を予想

日経平均株価の推移:1998年~2015年3月25日

(注:楽天証券経済研究所が作成)

日経平均は、リーマンショック前(2007年)の高値(18,261円)を抜け、ITバブル時(2000年)の高値(20,833円)を目指して上昇中と見ています。

今の日本企業の収益力・財務内容・株主への利益配分姿勢はいずれも、2000年・2007年に高値をつけた時よりも、格段に改善しています。2000年の相場は「ITバブル相場」といわれ、利益のあまり出ていない一部のIT株が高値に買われただけで、大部分の日本企業は低水準の利益に苦しんでいました。銀行の不良債権問題が続いており、財務に不安を抱えた企業もたくさんありました。

2007年は、2000年当時より日本企業の収益力・財務内容とも改善しましたが、それでも今と比べるとまだ見劣りします。

財務内容・収益力・株主への利益還元が、いずれも改善した今、私は、日経平均は2015年末に21,000円、2016年末には23,000円まで上昇すると予想しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上昇ピッチがやや速すぎるが、日本株は割安と考えます

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上昇ピッチがやや速すぎるが、日本株は割安と考えます

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。