facebook twitter
欧州にマイナス金利広がる
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

欧州にマイナス金利広がる

2015/3/12
11日の日経平均は58円高の18,732円でした。10日のNYダウが前日比332ドル安と大きく下がった割にしっかりしていたといえます。ただし、日本株にはやや過熱感があり、目先は調整局面という見方は変わりません。
facebook twitter メールで送る 印刷

11日の日経平均は58円高の18,732円でした。10日のNYダウが前日比332ドル安と大きく下がった割にしっかりしていたといえます。ただし、日本株にはやや過熱感があり、目先は調整局面という見方は変わりません。なお、11日のNYダウは、前日比27ドル安と、続落しています。

今日は欧州のマイナス金利について後半でコメントします。

(1)公的年金や日銀の買いで下げ渋ることが多い日本株

最近、日経平均が下がり始めると、GPIFなどの公的年金や日銀が日本株やETF(指数連動型上場投資信託)を買ってきて下値を支えることが多くなっています。11日も、あくまでも推定ですが、日本株に公的年金の買いが入っていた可能性はあります。

なお、日銀は毎日のETF買い付け額を公表していますが、11日は買い付けを実施していません。

日本銀行による3月のETF買付

日付 日経平均前日比:円 日銀のETF買付額
3月2日 28.94 -
3月3日 ▲ 11.72 352億円
3月4日 ▲ 111.56 352億円
3月5日 48.24 -
3月6日 219.16 -
3月9日 ▲ 180.45 352億円
3月10日 ▲ 125.44 -
3月11日 58.41 -

(出所:ETF買付額は日本銀行、楽天証券経済研究所が作成)

ご覧いただくとわかる通り、日本銀行は、日経平均が下がった日にETFを買い付ける傾向があります。

(2)欧州で量的緩和スタート、マイナス金利が広がる

3月9日から、ECB(欧州中央銀行)は、量的金融緩和を開始しました。毎月、金融機関から欧州各国の国債など600億ユーロ(約8兆円)買い取るというものです。ドイツ国債などECBの買い取りで品薄になる国債もあり、いよいよ欧州ではマイナス金利が広がりました。

欧州主要国の2年・5年もの国債利回り(日本時間3月11日19時)

  2年 5年
ドイツ -0.242% -0.164%
オランダ -0.178% -0.072%
スウェーデン -0.172% 0.243%
ベルギー -0.158% -0.048%
フランス -0.145% -0.023%
スペイン 0.129% 0.490%
イタリア 0.158% 0.398%
イギリス 0.403% 1.255%

(出所:ブルームバーグ)

参考:マイナス金利とは

国債を買うと、金利を受け取ることができます。国債を買って満期まで保有すれば、利回りはプラスになるのが普通です。

ところが、中央銀行が国債をどんどん買い上げて国債の価格が高くなると、マイナスの利回りが生じることがあります。高くなった価格で国債を買って償還まで保有すると、償還差損が発生します。償還までに受け取る金利をすべて合計しても、償還差損より小さければ、満期まで保有する利回りはマイナスとなります。この状態を、「マイナス金利」と呼んでいます。

(3)欧州経済のデフレ色強まる

マイナス・インフレに低金利は、かつては日本に特有な現象でした。近年、欧米のインフレ率・金利が構造的に低下する現象を、欧米では「ジャパナイゼーション(日本化)」と呼んでいました。

とうとう、欧州は日本の先を行く、デフレ・マイナス金利経済に入ってしまったわけです。欧州経済の低迷は長期化しそうであり、この状態は、短期的には解消しないかもしれません。

欧州の量的緩和実施を受けて、欧州の株式市場にお金が流れ出してきています。量的金融緩和が、先行き、欧州経済の回復に直結するのか、単に需給面で株を押し上げているだけなのか、今後の欧州経済の動向を注視していきたいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください欧州にマイナス金利広がる

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

欧州にマイナス金利広がる

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。