お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
9月の日銀短観発表、非製造業の景況が悪化
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

9月の日銀短観発表、非製造業の景況が悪化

2014/10/2
1日に9月の日銀短観が発表となりました。注目の大企業・製造業DI(景況指数)は、小幅に改善しました。しかし、大企業・非製造業DIが大きく悪化しました。中堅企業・中小企業のDIも軒並み悪化しました。円安が進んだにもかかわらず、7-9月に、景況はやや悪化したことがわかりました。
facebook twitter 印刷する

1日に9月の日銀短観が発表となりました。注目の大企業・製造業DI(景況指数)は、小幅に改善しました。しかし、大企業・非製造業DIが大きく悪化しました。中堅企業・中小企業のDIも軒並み悪化しました。円安が進んだにもかかわらず、7-9月に、景況はやや悪化したことがわかりました。

(1) 大企業・製造業DIは、小幅改善

大企業製造業DI

(出所:日本銀行)

日本の景気動向をよく表す大企業・製造業DIは、+12→+13へ小幅改善しました。悪化を見込んでいた市場予想(+10)よりも良かったので、ほっと胸をなでおろしたいところですが、実態はよくありません。

6月時点での予想では+15へ改善すると見られていました。このころは、「消費増税の影響で4-6月は景気が落ち込むが、7-9月から回復が鮮明になる」が市場コンセンサスでした。ところが、現実には、7月以降も景気は停滞が続いています。円安という追い風を受けながら小幅改善にとどまったということは、景気実態はあまり良くないと言えます。

(2) 大企業・非製造業DIは大きく悪化

大企業非製造業DI

(出所:日本銀行)

大企業・非製造業DIは、+19→+13へ大きく低下しました。4-6月から7-9月にかけて景況は改善せずに、悪化しました。円安が進んだことは、非製造業にはメリットにはなっていません。非製造業は主に内需産業だからです。輸入物価の上昇を通じて、マイナスの効果を受けます。また、人手不足が深刻化して、人件費が上昇したことも、非製造業の景況を悪化させました。

(3) 足元の生産が下ぶれ

9月30日に発表された8月の鉱工業生産は前月比▲1.5%のマイナスで、事前の市場予想(0.2%のプラス)を下回りました。意図せざる在庫が増加しており、企業は在庫調整のために生産を絞っています。「7月以降生産が回復に向かう」というストーリーに疑問符がつきました。

鉱工業生産指数(前月比)

(出所:経済産業省)

(4) 「景気回復は10月から」に予想を変更

私は、当初7月から景気回復が顕著になると見ていましたが、7-9月の景気は停滞が続いていた模様です。「景気回復が明確になるのは10月から」と見通しを修正します。これから消費増税の影響が薄れてくる中で、円安が進んだ効果が景気回復に寄与すると見ています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください9月の日銀短観発表、非製造業の景況が悪化

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

9月の日銀短観発表、非製造業の景況が悪化

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。