お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

今週の日本株見通し

2014/9/29
先週の日経平均は、1週間で91円下がって16,229円となりました。先週、日経平均に投資していた投資家は、9月中間配当金90円強を受け取る権利を確保したことになりますが、26日に90円強の配当落ちがあったため、実質的に資産価値は横ばいになりました。(ちなみに、配当金の受取りは11月ごろになります。)9月19日に昨年来高値を更新したので、達成感から一旦利益確定売りが出ましたが、出遅れた投資家の買いもありました。
facebook twitter 印刷する

先週の日経平均は、1週間で91円下がって16,229円となりました。先週、日経平均に投資していた投資家は、9月中間配当金90円強を受け取る権利を確保したことになりますが、26日に90円強の配当落ちがあったため、実質的に資産価値は横ばいになりました。(ちなみに、配当金の受取りは11月ごろになります。)9月19日に昨年来高値を更新したので、達成感から一旦利益確定売りが出ましたが、出遅れた投資家の買いもありました。

(1)ようやくボックス圏から上放れしつつある日経平均

日経平均週足:2012年11月~2014年9月26日

日経平均は、12月末に17,000円、来年3月末に18,000円まで上昇すると予想しています。

(2)9月中間決算で、業績上方修正が増える見込み

10月中旬以降、3月期決算企業の9月中間決算発表が始まります。企業は、2015年3月期の業績予想を保守的(低め)に出してきましたが、上半期の業績が堅調であること、円安がさらに進んだことを受けて、業績予想の上方修正が増えると予想されます。

全産業(除く金融)経常利益の増益率

2014年3月期 実績 36%
2015年3月期 会社計画 2%
楽天証券経済研究所予想 13%

(注)東証一部上場の3月期決算企業で、2015年3月期経常利益の予想を出している企業について、楽天証券経済研究所が集計

日本企業は、上方修正を小出しにする傾向があります。このため、仮に楽天証券経済研究所の予想が正しく、最終的に13%増益になった場合でも、中間決算時には+7%程度までしか、見通しを引き上げないと思います。

(3)日本株の買い手は、外国人と公的年金か

これから外国人投資家の買いが続くと予想しています。外国人投資家から見ると、日本株に出遅れ感があるからです。

外国人投資家は、保有するドルを円に転換してから日本株を買います。保有するドルの価値を増やすことが投資の目的です。したがって彼らにとって重要なのは、ドル建ての日本株リターンです。日本株が上昇すると価値が上がりますが、円安(ドル高)が進むと、価値が減少します。

日経平均とドル建て日経平均比較:2012年11月5日~2014年9月26日

(注:2012年11月5日を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

ドル建て日経平均を見ると、外国人から見て、日本株がどう見えているかがよくわかります。外国人投資家は、アベノミクスへの期待から、2013年中に15兆円も日本株を買い越しました。その後、ドル建て日経平均はほとんど上がっていません。

9月以降、日経平均が久々によく上がって高値圏にあると思っている日本人は多いですが、外国人投資家はそう感じられません。円安によって価値が目減りしてした分を日経平均上昇でカバーできていないからです。ドル建て日経平均は相変わらず軟調です。

私は、アメリカ・中東・アジアで、日本株に投資している機関投資家と日本株の見通しについてディスカッションする機会が時々あります。彼らがいつも気にしていることは、「円安がどこまで進むか」です。投資した日本株が上がっても円安で目減りすると、利益が上がらないからです。彼らはいつも「円安にならないと日本株が上がらないならば、日本株はいらない」といいます。

ところが今、一部の外国人投資家は、ようやく「これ以上円安にならなくても、日本株が上昇する可能性が出てきた」と感じ始めています。「円安になればなるほど日本経済には良い」とは限らないところまで、円安が進んだとの感覚があるからです。今後、消費増税の影響が薄れて日本の景気が持ち直し、業績予想の上方修正が増えてくる中で、久々に「円安にならない中での日本株の上昇」が実現するのではないかと期待を持ち始めています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。