お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週の日本株見通し
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

今週の日本株見通し

2014/8/25
先週の日経平均は、1週間で220円上昇して15,539円となりました。アメリカの利上げ時期が早まるとの思惑が出てドル高(円安)が進んだことが日本株上昇に寄与しました。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週の日経平均は、1週間で220円上昇して15,539円となりました。アメリカの利上げ時期が早まるとの思惑が出てドル高(円安)が進んだことが日本株上昇に寄与しました。

(1) 日経平均は、今週も15,500円中心の狭いレンジで推移へ

毎週、同じ話で恐縮ですが、日経平均は今しばらく15,000円台で膠着が続きそうです。「大きく上がれば売り、下がれば買い」の投資スタンスでいいと思います。

まだ上値トライする条件は整っていません。下値を試すほどの悪材料も出ていません。

日経平均(2012年11月~2014年8月22日)

(注)楽天証券経済研究所が作成

(2) 世界景気の回復力は、期待したほどに強くない

直近の1カ月で出てきた世界の景気指標は、世界景気の回復力が思ったほど強くないことを示しています。

  • 欧州の弱さが目立ちます。
    ドイツの4-6月GDPはマイナスとなり、ユーロ圏全体でインフレ率は7月で前年比0.4%まで低下しています。欧州の銀行が1990年代の日本の銀行のように不良債権を抱えたままであることも、景気を下押しする材料として意識されるようになりました。欧州は、先行きかつての日本のようにインフレ率がマイナスに突入する懸念も出ています。
  • 日本の景気回復力もさほど強くない
    消費増税で消費の落ち込んでいる上に、輸出の回復も鈍く、景気停滞局面にあります。
  • 中国景気にも不安
    中国も、大都市の不動産が下落を始めており、ここから景気が失速する懸念が払拭できません。
  • 米国は好調をキープ
    唯一、景気好調が続いているのが、米国です。

(3) 先週、米ドルが対円、対ユーロで上昇した理由

直接のきっかけとなったのは、8月20日に公開された7月のFOMC(金融政策決定会合)議事録です。内容が、市場予想よりもタカ派(早期利上げ容認)的と受け止められたことが、ドル高に動くきっかけとなりました。

ただし、今回のドル高(ユーロ安・円安)は、米景気が強いことが原因というよりは、欧州や日本の景気が予想よりも弱いことが原因と考えた方がいいと思います。欧州と日本に追加の金融緩和期待が出る中で、米国は相変わらず金融引き締め時期をめぐる議論が盛んです。

金融政策の方向性が異なることから、ここからさらにドル高/ユーロ安・円が進みやすくなっていると考えられます。

(4) ドル円為替レートの見通し

ドルの長期金利が上昇すれば、さらに円安が進むと考えられます。円安が進めば、日経平均は一段と上昇する余地が出ます。

日米の長期金利差と、ドル円為替レートの推移
2011年9月~2014年8月22日

上の図を見るとわかるように、ドル円為替レートの変動要因として、一番大きいのは、アメリカと日本の長期金利差です。

長期金利差は、米景気が強い中で、欧州・日本の景気がさほど強くないので、今後、拡大する可能性があります。ただし、足元、実際にドル長期金利が大きく上昇したわけではありません。このまま一本調子でドル高円安が進む環境でもありません。

アメリカの利上げがいつか、ヨーロッパと日本の追加緩和はいつか、議論が続く限り、当分、ドルは下がりにくく、上がりやすくなると思います。

なお、長期金利差だけで為替が決まっているわけではありません。日本の貿易収支が過去最大の赤字に落ち込んでいることも、円安要因となっています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週の日本株見通し

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週の日本株見通し

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。