facebook twitter
好利回りのREIT(不動産投資信託)を見直す
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

好利回りのREIT(不動産投資信託)を見直す

2014/3/12
約25年間の国内株式の運用経験を活かしたマーケットコメントを毎営業日無料で提供いたします。
facebook twitter メールで送る 印刷

日経平均は、しばらく15,000円を中心としたボックス圏で推移する見込みです。さて、こんな時には、まず好配当利回りの日本株やREITへの長期投資から始めたらいいと思います。私は特に、分配金利回りが平均約3.7%と魅力的で、東証に上場しているREIT(不動産投資信託)を見直していいと考えています。

(1)不動産への小口投資を可能にしたREIT

個人投資家の不動産投資というと、ワンルームマンションからアパート1棟までさまざまですが、資金規模からおのずと直接投資できる対象は限られます。

REITを通じて投資すれば、都心一等地の大型ビルに投資することもできます(図A)。

(図A)REITを通じて大型物件に投資

一等地の大型ビルにテナントが集中し、競争力のないビルからテナントが流出する「不動産の二極化」が顕著にみられる時代になりました。二極化の勝ち組である強いビルへの小口投資も可能にしたREITの存在は貴重です。

(2)不動産市況は底打ちが顕著になってきた

日本の不動産市況は、2007年に「ミニバブル」という急騰があり、その後急落しましたが、足元は底打ちしつつあります。その動きが、東証REIT指数からわかります(グラフB)。

(グラフB)東証REIT指数の動き(2014年3月11日まで)

(作成:楽天証券経済研究所)

東証上場REITの分配金利回り(約3.7%)と、長期金利(約0.6%)のスプレッド(差)は、3%以上あり、REITは利回りから魅力的です。今後、一等地のビルについては、空室率の低下や賃料の底打ちが期待できるので、これからREIT指数のさらなる上昇が期待できると判断しています。

(3)金利上昇と不動産価格の関係

不動産市況の見通しについてお話しすると、「今後、金利が上昇すると、不動産市況にネガティブな影響が及ぶのでないか」という質問をよく受けます。

その通りです。金利上昇自体はネガティブです。ただし、過去を振り返ると、金利底打ち期には不動産市況が上昇することが多かったのも事実です。グラフBに示している「不動産ミニバブル期」には長期金利は上昇していました。

一方、「ミニバブル崩壊期」の初期(2008年)はまだ金利が上がり続けていますが、その後は金利が低下する中で不動産価格が下がり続けています。

まとめると、以下のことがわかります。

  • 金利上昇初期~中期には、不動産市況は上昇する。
  • 金利上昇末期に、不動産市況は下落し始める。

これから日本では、長期金利の底打ちが予想されますが、0.6%の長期金利が1~1.5%になる辺りまでは、不動産市況を壊す要因にならないと考えています。

(4)さまざまな種類があるREIT

本日は、REITの中でも、主にオフィスビルに投資するオフィスREITの話をしました。REITには、さまざまな種類があります。賃貸マンションなどに投資するレジデンシャルREIT、小売り施設に投資するリテールREIT、物流施設に投資する物流REITなどがあります。投資対象によって、利回りや価格変動のパターンは異なります。

<参考>過去の不動産バブル

日本の不動産は、過去に3回、バブルを経験してきました。

  • 最初のバブル
    1970年代前半、田中角栄首相の「列島改造論」を受けて不動産価格が急騰しましたが、1973年に第一次石油ショックが起こると急落しました。
  • 過去最大のバブル
    1980年代後半の「バブル景気」で、不動産価格が急騰しましたが、1990年代の「失われた10年」不況に入ってから急落しました。
  • ミニバブル
    2005年~07年都心再開発ブームを背景に不動産価格が急騰してミニバブルと言われましたが、2007年以降、金利上昇と世界景気の悪化を受けて急落しました。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください好利回りのREIT(不動産投資信託)を見直す

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

好利回りのREIT(不動産投資信託)を見直す

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。