お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
好配当利回り銘柄リスト
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

好配当利回り銘柄リスト

2014/2/27
約25年間の国内株式の運用経験を活かしたマーケットコメントを毎営業日無料で提供いたします。
facebook twitter 印刷する

「好配当利回り株に投資したいが、具体的にどのような銘柄を選んだらいいか知りたい」というお問い合わせがありましたので、今日は、投資候補銘柄の絞り込み方について解説します。

(1)配当利回りは確定利回りではない、減配リスクの低い銘柄を選ぶことが大切

配当利回りは確定利回りではありません。減配があると利回りが低下するだけでなく、株価が下がることもあります。ですから、なるべく減配リスクが低い銘柄を選ばなければなりません。
私は、楽天証券でチーフ・ストラテジストに就任する前は、日本株ファンドマネージャーとして25年の運用経験を持っていました。私は、実際の運用で、なるべく減配リスクが低く配当利回りが高い銘柄を選ぶために、以下のスクリーニング条件を使っていました。

  • 配当利回りが高い
  • 時価総額が大きい
  • 営業利益率が高い
  • 自己資本比率が高い

(2)スーパースクリーナーで投資候補銘柄を選ぶ

それでは、楽天証券のスーパースクリーナーを使って、具体的に投資候補銘柄を選んでみましょう。先ほど、あげた条件で具体的にどんな数字を入れるかが重要です。まずは、非常に厳しいスクリーニング条件で銘柄を設定して選んでみましょう。

<1>非常に厳しいスクリーニング条件を設定

① 配当利回り  3%以上
② 時価総額 1兆円以上
③ 営業利益率 10%以上
④ 自己資本比率 60%以上

<1>スクリーニング結果

証券 コード 銘柄名 配当利回り 時価総額 営業利益率 自己資本比率
9437

NTTドコモ

3.53% 7.4兆円 18.7% 75%

条件が厳しすぎて、1銘柄しか出てきませんでした。では、好配当利回り銘柄へ投資するときは、NTTドコモ1社に集中投資すればいいのでしょうか?

私は、1銘柄への集中投資は望ましくないと思います。複数銘柄へ分散投資すべきです。というのは、今、どんなに減配リスクが低く見える銘柄でも、将来、環境がガラッと変わって減配になることはあり得るからです。

それでは、スクリーニング条件を全体にもう少し緩めて、出てくる銘柄数を増やしてみます。

<2>少し条件を緩めてスクリーニング

① 配当利回り  3%以上
② 時価総額 4000億円以上
③ 営業利益率 7%以上
④ 自己資本比率 50%以上

<2>スクリーニング結果

証券 コード 銘柄名 配当利回り 時価総額 営業利益率 自己資本比率
3405

クラレ

3.12% 4422億円 13.3% 67%
4502 武田薬品 3.67% 3.9兆円 7.8% 54%
4568 第一三共 3.41% 1.2兆円 10.0% 53%
4704 トレンドマイクロ 3.63% 4833億円 27.1% 54%
7751 キヤノン 4.09% 4.2兆円 9.0% 68%
9437 NTTドコモ 3.53% 7.4兆円 18.7% 75%

条件の緩め方は1通りではありません。たとえば、時価総額の条件を甘くして、その代わりに他の条件は最初の厳しい条件に戻すとどうなるか、見てみましょう。

<3>時価総額条件だけを緩めてスクリーニング

① 配当利回り  3%以上
② 時価総額 300億円以上
③ 営業利益率 10%以上
④ 自己資本比率 60%以上

<3>スクリーニング結果

証券 コード 銘柄名 配当利回り 時価総額 営業利益率 自己資本比率
3405 クラレ 3.12% 4422億円 13.3% 67%
4708 りらいあコミュニケーションズ 5.84% 690億円 13.1% 74%
6419 マースエンジニアリング 3.21% 424億円 20.9% 76%
7751 キヤノン 4.09% 4.2兆円 9.0% 68%
9437 NTTドコモ 3.53% 7.4兆円 18.7% 75%

時価総額の小さい銘柄が増えました。時価総額が小さいことによる不安定さはありますが、営業利益率や自己資本比率とも、とても高い銘柄を選ぶことができました。

もう1つ、違うパターンをやってみましょう。営業利益率の代わりに、ROEの高さを入れました。さらに、自己資本比率、時価総額の条件を変えました。

<4>営業利益率の代わりにROEを使うスクリーニング

① 配当利回り  3%以上
② 時価総額 5000億円以上
④ 自己資本比率 10%以上
⑤ ROE 10%以上

<4>スクリーニング結果

証券 コード 銘柄名 配当利回り 時価総額 自己資本比率 ROE
1878 大東建託 3.32% 7874億円 29% 29.6%
4523 エーザイ 3.78% 1.1兆円 47% 10.9%
7262 ダイハツ工業 3.39% 7047億円 37% 17.5%
8001 伊藤忠 3.12% 2.0兆円 24% 17.9%
8002 丸紅 3.30% 1.2兆円 18% 20.7%
8053 住友商事 3.43% 1.6兆円 26% 12.4%
9201 日本航空 3.70% 9303億円 46% 36.0%

(3)たかがスクリーニング、されどスクリーニング

スクリーニングは、魚群探知機のようなものです。価値の高い魚(好配当利回り株)が泳いでいそうな場所を探し当てるのに有効です。ところが、そこから竿を入れる人の腕が悪すぎると、食べられない魚ばかりが釣れたり、そもそも何も釣れなかったりすることもあります。最後に魚を釣り上げる腕を磨かなければなりません。

スクリーニングで挙がる銘柄を機械的に買っていっても、いい結果が出ないこともあります。とは言っても、スクリーニング銘柄の中に、価値の高い「好配当銘柄」が混じっていることも確かです。そこから先の選別能力も重要なのです。スクリーニング後の選別で重要な3つの選別ポイントを以下に挙げます。

  • 好不況の影響を受けにくい安定的なビジネスを行っているか?
  • 他社に真似できない独自の技術やビジネスモデルを持っているか?
  • 経営陣は、株主への利益配分を重要な経営目標と考えているか?

すべての条件を満たす銘柄などありません。また、すべて調べ上げることなど、そもそも不可能です。ある程度、調べたら決断するしかありません。有望と思うものを複数とりあわせて、分散投資するのがよいと思います。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください好配当利回り銘柄リスト

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

好配当利回り銘柄リスト

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。