お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ドイツ経済の近況
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

ドイツ経済の近況

2013/8/19
今日のまとめ 1.ドイツのGDP成長は、再加速の兆しを見せている 2.輸出と設備投資の相関性が高い 3.雇用市場の安定は消費の安定をもたらしている 4.南欧諸国を支援するのが経済成長の最短ルート
facebook twitter メールで送る 印刷

今日のまとめ

  1. ドイツのGDP成長は、再加速の兆しを見せている
  2. 輸出と設備投資の相関性が高い
  3. 雇用市場の安定は消費の安定をもたらしている
  4. 南欧諸国を支援するのが経済成長の最短ルート

低成長から再加速の兆しを見せるドイツのGDP

IMFは今年のドイツのGDP成長率として0.3%を見込んでいます。

ドイツGDP(%、前年比、2013年以降は予想、IMF)

今年の成長見込みが低い理由はEU域内への輸出が冴えなかったからです。ギリシャ危機以降、2012年にかけて、ドイツから米国ならびに新興国向けの輸出はしなやかに回復しました。その一方で欧州向けの輸出は低迷しました。それは欧州全体が財政立て直しのための緊縮財政の影響で不景気になったからです。下はドイツの輸出と輸入です。

ドイツの輸入と輸出(10億ユーロ、季節・カレンダー調整後、Destatis)

最近、どちらも頭打ちの傾向があることが見て取れます。これをもう少し長い期間で、前年比のグラフにしたのが下です。

ドイツの貿易(%、前年比、2013年以降は予想、IMF)

ドイツの経営者は輸出が不振になると急に先行投資を絞り込むクセがあります。ドイツ経済そのものが機械類などの資本財への依存が高いため、輸出の不振は経済を直撃するのです。下のグラフを見ると、機械や設備への投資が上の輸出の伸びと高い相関性を示しているのが読み取れると思います。

ドイツ固定資産投資(%、前年比、2013年以降は予想、IMF)

その意味で、最近、南欧諸国に明らかな景気底入れの兆候が見え始めたのは、ドイツにとっても朗報です。実際、直近の製造業受注指数には改善が見られます。

ドイツ製造業新規受注(前月比%、季節・カレンダー調整後、Destatis)

同様に生産指数も改善基調です。

ドイツ生産指数(前月比%、季節・カレンダー調整後、Destatis)

さて、失業率に目を転じると、現在、ドイツは歴史的な低失業者数となっています。

ドイツの登録失業者数(千人、季節・カレンダー調整後、Destatis)

労働市場はひっ迫感があるので、長い間低い水準のまま留め置かれた賃金は、近年、着実に消費者物価指数より高いペースで上昇しています。

ドイツ消費者物価指数と賃金上昇(%、2013年以降は予想、IMF)

このため消費者は先行きを楽観しています。ドイツの消費者は歴史的に倹約家で有名ですが、こうした職の安定を背景に財布のひもを緩めつつあります。

ドイツ消費(%、前年比、2013年以降は予想、IMF)

ドイツ政府の財政面での運営は、極めて手堅いです。

ドイツ構造的財政収支(GDPの%、2013年以降は予想、IMF)

まとめ

まとめると、ドイツ経済は全体として良好です。さらに成長を加速しようと思えば、いちばん手っ取り早い方法は南欧諸国の成長を助けるため、これまでの緊縮政策から成長支援の財政出動へと舵を切る事です。それはすぐにドイツの輸出の好調に跳ね返り、それは固定資産投資を再開させることにつながります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいドイツ経済の近況

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ドイツ経済の近況

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。