facebook twitter
仕手株・材料株との正しい付き合い方とは
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

仕手株・材料株との正しい付き合い方とは

2012/1/12
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

仕手株・材料株が復活の兆し?

最近、新日本理化(4406)をはじめとして、短期間に株価が急騰している「仕手系材料株」と呼ばれる銘柄が出てきていることを皆さんはご存知でしょうか?

新日本理化(4406)の週足チャート

仕手株とは、特定の投資資金が流入することによって、株価が大きく吊り上げられたり、乱高下するような状態にある銘柄をいいます。材料株とは、株価にプラスの要素を持つ材料(画期的新製品・新技術の開発など)に反応して、株価が大きく上昇している銘柄です。

いずれも、ファンダメンタル(業績等)の要因よりも需給的要因によって、つまり「業績云々ではなく株価が上がっているから買いが集まる」という理由で株価が動くのが特徴です。そして、株価上昇後、最終的には大きく下落するのも特徴です。

ただし最近では純粋な仕手株というのは姿を消したといわれており、また、仕手株と材料株を明確に区別することは難しいため、上記のような株価の動きをする銘柄は「仕手系材料株」と呼ばれることが多くなっています。仕手株と材料株は株価の値動きのパターンとしてはほぼ同じであるため、当コラムでは説明上両者を区別しないこととします。

過去活躍した仕手株・材料株はこんな銘柄

過去に活躍した有名な仕手株として石川製作所(6208)や井筒屋(8260)などが挙げられます。また、材料株としては不動産事業主体から液晶事業へ進出し、業績の劇的な改善が期待されたRISE(旧ヒューネット)(8836)などがあります。

石川製作所(6208)の月足チャート

井筒屋(8260)の月足チャート

RISE(8836)の月足チャート

株価チャートをみると、いずれも、株価が短期間に大きく上昇し、株価の乱高下を繰り返しながら、最終的には大きく下落していることがお分かりいただけると思います。

冒頭の新日本理化は、業績の急回復が予想されており、株価上昇に業績の裏づけがある程度存在するため、過去の仕手株のように株価が「行って来い」にはならないかも知れません。しかし、すでに短期間で株価が大きく上昇していることから、上昇が終われば株価は大きく下落する可能性が高いと思われます。

仕手株・材料株は損切りの技術を磨く格好の場

個人的には仕手株・材料株は売買技術、特に損切りの技術を磨くための格好の練習の場であると考えています。最終的には株価は大きく下落するので、高値掴みをした場合、損切りを適切に行わなければあっという間に大きな損失や含み損が生じてしまうからです。

仕手株・材料株には「ふるい落とし」と呼ばれる一時的な調整があります。しかし、実際に株価が下落し始めた時点では、それが一時的なものなのか、それとも上昇相場が終わり大きな下落につながるものなのかは後になってみないと分かりません。

そんな時は、一時的な下落であると決め付けずに、「○○円より下落したら損切り(もしくは利食い売り)する」のが定石です(「○○円」は直近安値や買値から10%下の株価など)。そうしないと、下落が一時的なものにとどまらなかった場合に大きな損失につながってしまうからです。

実は、このような判断は何も仕手株・材料株に限らず、どんな銘柄においても当てはまるルールの1つです。仕手株や材料株は、株価の上昇→下落という1サイクルが、通常の銘柄より何倍・何十倍も早く動いているため、素早くかつ的確な決断が常に求められます。決断を1日先延ばしするだけで多額の損失が生じることも珍しくありません。

ですから、仕手株・材料株で大きな損失を被らないようにできれば、他の一般的な銘柄への投資でも大失敗することはなくなるはずです。

損切りができないならば仕手株・材料株は手出し無用

逆に、損切りがどうしても出来ない、という個人投資家の方はこうした仕手株・材料株には手を出さないほうが無難です。短期間に小気味よく株価が上昇しているのをみると、つい飛び乗ってしまいたくなるのが心情ですが、そんなには甘くありません。不思議と自分が買った途端に株価が急落、ということもよくある話です。

仕手株・材料株の乱舞は、株式市場全体が下落相場で冷え切ってしまっているようなときにはあまり見ることができません。最近になって目立つようになった仕手系材料株は、株価下落ですっかり萎縮してしまった日本株に咲く一輪の花です。こうした銘柄が次々と出現すると、特に個人投資家のマインドは劇的に改善し、株式市場に流入する資金の増加も見込まれます。仕手株・材料株の存在自体には賛否両論あるものの、筆者自身はこれらの銘柄がけん引役となって、日本株全体も上昇基調となるよう導いてもらいたいと願っています。2012年の日本株、大いに期待したいものです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください仕手株・材料株との正しい付き合い方とは

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

仕手株・材料株との正しい付き合い方とは

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。